このセンスが最高! 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ポスタービジュアル
 - (C)Marvel Studios 2017

写真拡大

 ヒーローなのに、ちょっとおバカでカッコがつかないはみだし者たちが銀河を救う痛快アクションの続編『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』から、新たな仲間も登場する、ノリと笑いを詰め込んだ最新予告編と、センスバツグンのサイケなポスタービジュアルが公開された。

 お調子者の主人公“スター・ロード”ことピーター・クイル(クリス・プラット)が、凶暴な毒舌アライグマのロケット(声:ブラッドリー・クーパー)、樹木型ヒューマノイドのグルート(声:ヴィン・ディーゼル)、女暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)、脳筋戦士の破壊王ドラックス(デイヴ・バウティスタ)ら個性派ぞろいのチームを結成。銀河をまたにかけた大冒険を繰り広げる本作。それぞれ事情を抱えた負け犬たちが、往年のヒットナンバーをバックに奮闘する姿は、多くの観客から熱い支持を集めた。

 続編でもマジメモードが続かないチームのノリは健在。予告編では、メンバーに対して「愚かなもの達を正す」と高圧的に迫る全身金ピカの強敵アイーシャ(エリザベス・デビッキ)に対してロケットが、空気を読まずに「エラそうって噂だったけど噂以上だな」と罵倒してウインク。銀河を救うための戦いに再びノリで挑むことになり、「2回目からギャラ上げてもらおうぜ」とジョークを飛ばすなど、相変わらずなメンバーたちの姿が映し出されている。

 また、前作では敵役だったスター・ロードの育ての親でもあるヨンドゥ(マイケル・ルーカー)やガモーラと姉妹同然に育ったネビュラ(カレン・ギラン)、さらに新キャラクターのマンティス(ポム・クレメンティエフ)も登場。新たな“家族”の活躍に期待が高まる。 カート・ラッセル演じる謎の人物エゴが、ピーターに「お前の父だ」と告げる衝撃的なラストシーンにも注目だ。

 さらに、ポスター下方に小さく書かれたスタッフ・キャスト紹介には、あのシルヴェスター・スタローンの名前も。役柄など詳細は明らかになっていないが、日本語吹き替えは、スタローン声優としてもおなじみの、ささきいさおに決定しており、ささきは「さあ、どんな出方をしてくれるのか? 彼のことだからアイデアをたくさん盛り込んで、我々を楽しませてくれると思うよ!」と語っている。(編集部・入倉功一)

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は5月12日より全国公開