写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトバンクは22日、Appleが発表した(PRODUCT)REDラインのiPhone 7とiPhone 7 Plusと、9.7インチの新しいiPadを取り扱うと発表した。iPhone 7とiPhone 7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionは、2017年3月25日より販売を開始する。新しい9.7インチiPadの発売日は追ってアナウンスするとのことだ。

iPhone 7とiPhone 7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionは、ボディの背面や側面に赤色をあしらったモデル。ディスプレイ側はホワイトに仕上げている。機能は昨秋発売となったiPhone 7およびiPhone 7 Plusと全く同じだ。(PRODUCT)REDプログラムの対象製品となっており、売り上げの一部は世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付される。

新しい9.7インチiPadは、Apple Pencil対応など"Pro"機能を備えないスタンダード版のiPad。iPad Air 2のリプレースと位置づけられるモデルだ。新iPadでは、プロセッサがA9チップ/M9コプロセッサ(iPad Air 2はA8XとM8)となり、Wi-Fi+CellularモデルのLTEが21バンドをサポートする。パフォーマンスはiPad Air 2より向上しているが、Wi-Fiモデルのサイズが240×169.5×7.5mm/469gと、iPad Air 2と比較してわずかに厚みと重さが増した (iPad Air 2は240×169.5×6.1mm/437g)。