写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Appleは21日、iPadでプログラミング言語「Swift」を学ぶことができるアプリ「Swift Playgrounds(スウィフト・プレイグラウンド)」の日本語版を提供すると発表した。App Storeより無料でダウンロードできる。iOS 10以降を搭載したiPad Pro/iPad AirシリーズとiPad mini 2以降で利用が可能。もちろん、同日発表された新しい9.7インチのiPadにも対応している。

Swift Playgroundsは、インタラクティブなインターフェイスを通じて本物のプログラミングのコンセプトを紹介し、生徒やプログラミング初心者でも「Swift」を学べるようになっているiPadアプリ。SwiftはAppleが開発した簡単に学べるプログラミング言語で、プロフェッショナルなデベロッパがアプリケーションを作成する際に、実際に使われている。

Swift Playgroundsに含まれているプログラミングレッスンでは、没入感のあるグラフィカルな世界の中で、画面に現れる3つのキャラクターをガイドしながら、パズルを解いたり課題をこなしていくのだが、ミッションをクリアすることで、命令の出し方や、関数の作り方、ループの使い方、条件付きコードや変数といった、核となるプログラミングの概念を学ぶことができる。Appleは、新規に個別の課題を定期的にリリースしており、学習者が新たなスキルを学び続けることができるようにしている。

また、Swift Playgroundsには、テンプレートが内蔵されており、学習者はそれらを土台に変更を加えたりコードを構築することが可能で、グラフィックスやタッチ操作のインタラクションを追加して、独自のプログラムを組み上げられる。完成したプログラムは、「メール」や「メッセージ」で友人と共有したり、Web上に公開するといったことができる。Swift Playgroundsは、実際にSwiftを使って書かれているため、プロジェクトをXcodeに直接書き出せるので、本格的なiOS、Macアプリケーションの作成も行える。

昨年の秋に公開された時点では、英語版での提供だったが、この度、日本語、中国語(簡体字)、フランス語、ドイツ語、ラテンアメリカのスペイン語に対応したバージョンをリリースする運びとなった。

(藤谷佳奈)