Appleは、iPhoneやiPadで動画や写真、音楽を組み合わせて簡単にビデオクリップが作れるアプリ「Clips」を発表しました。テレビ番組のようなテロップの自動生成機能もあります。

誰でも簡単にビデオ編集!

「Clips」は、複雑な操作なしで複数の動画や音楽を組み合わせてビデオクリップにまとめられる、簡単な編集機能が特徴です。
 

 
豊富なフィルターや、漫画の吹き出しや図形を挿入することもできます。
 
Clips
 
アプリ内に音楽ライブラリが豊富に用意されており、ビデオクリップにピッタリ合うように自動調整してくれます。

リアルタイムで字幕を生成する「ライブタイトル」

「ライブタイトル」を使うと、撮影中に話した言葉が文字となり、キャプションが生成されます。テレビのテロップのような演出を楽しむことができます。
 
Clips
 
文字のスタイル変更や、生成されたキャプションの編集、絵文字の挿入も可能です。「ライブタイトル」は36言語に対応しています。
 

 

「Clips」は、ビデオに映っている人を認識し、ビデオを共有する相手を提案します。Twitter、Facebook、YouTube、InstagramといったSNSへも簡単にシェアできます。
 
Clips

公開は4月上旬、iOS10.3以降が必要

「Clips」は、iOS10.3以降が必要で、iPhone5s以降、iPad Pro、iPad(第5世代)、iPad Air以降、iPad mini 2以降、iPod touch(第6世代)に対応しています。
 
Clips
 
「Clips」は4月上旬から公開、と案内されています。具体的な日付は発表されていませんが、iOS10.3の公開と同時か少し後、と考えて良さそうです。
 
なお、iOS10.3ではファイルシステムが変更されるため、Wi-Fi経由ではなくパソコンにバックアップを取ってのアップデートを強くお勧めします。

 
 
Source:Apple
(hato)