劇場アニメ化決定! (C)2017 ひろやまひろし・TYPE-MOON/KADOKAWA/「劇場版プリズマ☆イリヤ」製作委員会

写真拡大

 人気アニメ「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」シリーズが、「劇場版 Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い」のタイトルで映画化されることが決定した。公開は年内を予定している。あわせて、主人公・イリヤが描かれたキービジュアルが披露された。

 原作は、ゲームやテレビアニメなどさまざまメディアで展開する「Fate/stay night」のスピンオフ作品で、「月刊コンプエース」(KADOKAWA刊)で連載中の人気漫画(著・ひろやまひろし氏、作画・TYPE-MOON)。「Fate/stay night」のパラレルワールドを舞台に、魔法のステッキ・マジカルルビーにだまされ、魔法少女にされてしまった小学5年生の少女イリヤスフィール・フォン・アインツベルンが“クラスカード”と“聖杯戦争”をめぐる戦いに身を投じる姿を描いた。テレビシリーズは第4期まで制作された。

 スタッフは、テレビシリーズで総監督(1期は監督)を務めた大沼心が監督を担い、アニメーション制作はSILVER LINK.が続投。声優キャストもテレビシリーズに引き続き、イリヤを門脇舞以、美遊・エーデルフェルトを名塚佳織、衛宮士郎を杉山紀彰が演じる。

 さらに、3月25〜26日に「AnimeJapan 2017」で本作のイベントが開催されることが決定。門脇と杉山によるトークコーナーなどを予定している。