1
 
Appleが3月21日夜、9.7インチの新型iPadを発表しました。最大の特徴は最安値モデルが4万円を下回るという、その価格の安さです。

容量は32GBと128GB、カラーは3色

9.7インチiPadは、カラーはシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色展開、ストレージ容量は32GBと128GBの2種類です。
 
搭載しているのは2,048 × 1,536ピクセル解像度の9.7インチRetinaディスプレイで、9.7インチiPad Proと同じです。ただし安価版だけあって、フルラミネーションディスプレイではなく、反射防止コーティングは施されていません。
 
プロセッサはA9、コプロセッサはM9を搭載しています。カメラはiPad mini4と同じ8メガピクセル、スピーカーも2スピーカーオーディオとなっています。
 
各iPadのスペックの比較については、iPhone Maniaのスペック比較記事をご参照ください。
 

最大の魅力は価格

最大の魅力は何といっても37,800円からという手頃な価格設定です。32GB版のWi-Fiモデルは37,800円、Wi-Fi + Cellularモデルは52,800円。128GB版のWi-Fiモデルは48,800円、Wi-Fi + Cellularモデルは63,800円となっています。
 
なお注文の受付は3月25日午前0時01分(日本時間)からとなっています。

結局10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされず

3月には例年Appleのスプリングイベントが開催されており、今年はベゼルレスの10.5インチiPad Pro、12.9インチiPad Pro、そして9.7インチiPadが発表されるのではないかと噂されていました。
 
しかし実際にはDigiTimesなどが報じていたように、10.5インチ版と12.9インチ版はリリースされないという結果になりました。イベントが開催されず、Webサイトでの発表のみになったのも、目玉商品のリリースがなかったためと見てよさそうです。
 

iPadファミリー


 
21日は、ほかにもいくつかの新製品が追加されたほか、iPhone向けの純正ケースやApple Watchのバンドに新色が追加されました。詳しくはAppleの新製品発表まとめへ。
 
 
Source:Apple
(lunatic)