ラーメンは中国発祥の料理であり、日本のラーメンも中国から伝わったのちに独自の発展を遂げた料理だ。中国では日本のラーメンは中国のラーメンとは別物として認識され、「日式ラーメン」と呼ばれている。今や日本のラーメンは米国や英国でも大人気となっているが、中国国内においても日式ラーメンのファンは少なくない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 ラーメンは中国発祥の料理であり、日本のラーメンも中国から伝わったのちに独自の発展を遂げた料理だ。中国では日本のラーメンは中国のラーメンとは別物として認識され、「日式ラーメン」と呼ばれている。今や日本のラーメンは米国や英国でも大人気となっているが、中国国内においても日式ラーメンのファンは少なくない。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国には刀削面やジャージャー麺、担々麺やワンタン麺など、様々な種類の麺料理があることを指摘する一方で、「なぜ中国の麺料理は1つとして日本のラーメンに敵わないのか」と疑問を投げかけたところ、中国の麺料理ファンたちから多くのコメントが寄せられた。

 記事はまず、日本の麺料理はうどんやそば、そうめんなど、種類は非常に少ないと伝え、スープの味付けの種類も非常に少ないと指摘。それに比べ、中国には非常に豊富な麺料理が存在し、味も多岐に渡ることを指摘。それにもかかわらず、中国の麺料理は1つとして日式ラーメンに敵うものはないと主張。中国ではラーメンを始め、麺料理がファーストフード化しているのに対し、日本のラーメンは「手の込んだ精緻な料理」へと進化を続けていると論じた。

 これに対し、中国のネットユーザーからは多くのコメントが寄せられており、たとえば「日本のラーメンは1杯作るためにかかる時間は中国のラーメンの比じゃない。豚や魚などを長時間煮出しているからこそ、美味しいスープが出来上がる」と指摘し、日本のラーメンの美味しさの秘訣は中国のラーメンよりはるかに多くの手間と時間がかかっている点にあるとの意見があった。

 なかには日式ラーメンよりも中国のラーメンの方が美味しいという主張も見られたが、あまり大きな支持は得ておらず、「日本のラーメンが美味しいのは、人生をかけてラーメン作りに取り組む職人が数多くいるからではないか」などという意見が支持を得ていた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)