写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ドスパラは21日、同社運営の「上海問屋」にて、microSDカードを一つのドライブとして認識させる変換アダプタ「DN-913662」を発売した。直販価格は税込3,999円。

最大10枚までのmicroSDカードを、PC上で一つのSATAドライブとして認識させることができる変換アダプタ。使用できるmicroSDカードは最大32GBまで。また、全て同じ容量のものを使う必要があり、容量が異なるmicroSDカードを使った場合は少ない容量で計算されたり、誤認されるという。同社は大容量への買い替えなどで、使わなくなったmicroSDカードが活用できるとしている。

インタフェースはSATA(7ピン+15ピン)、対応OSはWindows 7以降、本体サイズはW98×D65×H5.7mm、重量は約25g。