女子の名推理? 「彼氏のウソ」を見破る手がかり・6つ

写真拡大

恋人同士の間でウソや隠し事はないのが、一番。ウソをつかれたとわかった瞬間に相手への信頼を失くしてしまいそうですし、それまでの関係にヒビが入ってしまうこともありそうですよね。今回は、彼のウソを見破ったときのエピソードについて、女性たちに聞いてみました。

■鼻の動きを観察

・「彼はウソをつくと鼻の穴が広がります、なので、すぐ見抜きます」(36歳/不動産/事務系専門職)

・「浮気を見破った。鼻がヒクヒクして動揺してた」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

ウソをつくときに特徴的な動きをすることがわかっているのなら、その動きを見逃さないのがウソを見破るベストな方法。感づかれまいと必死になると鼻が無意識に動くという人は意外と多いようですね。

■女のカン

・「浮気をしたら、カンで分かる」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「なんとなく怪しいなと思ったら、ウソだったことはある」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

彼が何か決定的な失敗をしたのではなく、ウソを見抜けたのは女のカン。彼から感じられる不穏な空気を素早く察知して、ウソをついているなと思ったら、厳しく突っ込んで白状させるという人も少なくなさそうです。

■表情が違う

・「表情がいつもと違うし、やたら、モジモジしている」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「相手の表情。すぐ顔に出るから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

ウソをつくと挙動不審になったり、いつもと表情が変わったり。正直すぎる彼の反応であっさりとウソを見抜く女性もいるようです。本人は顔に出ていることにすら気づいていないのかもしれませんね。

■断片証拠で名推理!

・「以前、聞いた話と矛盾があったとき。前と言ったことと違うと喧嘩になりかけた」(30歳/その他/営業職)

・「名推理で気づくことがある」(26歳/運輸・倉庫/技術職)

彼の話に明らかな矛盾を感じたとき、少しずつ証拠を固めていってウソを暴いたという女性も。女のカンだけでなく、推理力もある女性たちを簡単に騙せると思うのは間違いとも言えそうです。

■やたらと饒舌

・「口数が普段より多かったので、つっこんだら、サプライズを用意してくれていた」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「彼がそわそわしながら、話していたから」(25歳/その他/事務系専門職)

ウソを隠そうとすると、余計なことも喋りだすので、普段よりも口数が多くなって怪しい。喋れば喋るほど、ボロが出てきそうなので、やたらとそわそわしてよく喋る彼を放っておけば、勝手に自白することもありそうですね。

■目の動きを見る

・「顔を見たときに目をそらした」(24歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「飲みに行ったのが女性だったとき。目が泳いでいた」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

悪いことをしているという気持ちがあると、目を合わせられない。面と向かって話しているのに彼の目が泳いでいるときには、自分に対して罪悪感を感じていると思って正解かもしれませんね。

■まとめ

ウソにも色々ありますが、バレたときに相手を悲しませるようなウソはつかない方がいいですよね。男性としては、絶対にバレないという自信があるのかもしれませんが、女性たちは色々なポイントでウソを見抜く方法をしっているので簡単には騙されないもの。ウソを見抜いてしまったときは悲しい気分にもなりそうですが、もうウソはつかないでほしいという気持ちは彼にしっかり伝えた方がいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2017年3月にWebアンケート。有効回答数134件(22歳〜34歳の働く女性)