エッチをするときに、彼氏がちゃんと避妊をしてくれなかったら、かなり困ってしまいますよね。

いくら好きだからといっても、なすがままにそれを許してしまうのはやはりよくありません。

そこで今回は、「避妊をしない彼氏」をドキッとさせるひと言を紹介します。

 

■「まだふたりの時間を楽しみたい」

「あなたと2人きりでラブラブする時間をもう少し楽しみたい」という思いを伝えてあげれば、彼氏だって嫌な気持ちはしないはずです。自分への愛情も感じられるので、自然と避妊をする気にもなるでしょう。

また同時に、赤ちゃんができる可能性があることを、かなりリアルに感じさせることもできます。避妊をしないと、もう2人きりではなくなるかもしれないということを、改めてしっかりと考えさせるのはとても大事ですよ。

 

■「デキちゃった婚でもいいの?」

このひと言も、避妊をしないと赤ちゃんができるかもしれないということを、彼氏にしっかりと認識させられます。彼氏が勢いやノリで避妊せずにエッチをしそうなときは、一旦ちゃんと考えさせるようにすることができる言葉だと言えるでしょう。

あなたと結婚したいという思いや、いずれはあなたとの子どもを生みたいという気持ちも伝わるひと言なので、彼氏を傷つけたりはしないはず。「結婚をしてから子どもがほしい」という願望を伝えているので、彼氏も真剣に受け取ってくれるでしょう。

 

■「安心してエッチを楽しみたいな」

避妊をしないと、赤ちゃんができてしまうかもしれないという思いもあるでしょうから、安心してエッチができなかったりもしますよね。その思いは、彼氏にもちゃんと伝えておいた方がいいでしょう。

ただそのときに、「安心してエッチを楽しみたい」という言い方をすれば、彼氏も納得してくれやすいはず。しかも、「エッチを楽しみたい」なんて言われたら、彼氏はちょっとドキッともしてくれるでしょう。

 

■「好きだからつけてほしい」

避妊をしてくれないことが多かったりする彼氏の場合は、ちゃんと真剣に思いを伝えることが大事かもしれません。それでもわかってくれないようであれば、交際自体を考え直した方がいいのかも。

「好きだからつけてほしい」とか「真剣に付き合っているから避妊してほしい」と訴えれば、大抵の男性はわかってくれるはず。自分との交際や将来のこともちゃんと考えてくれているのも伝わるので、愛情が深まる可能性だってありますよ。

 

「避妊をしてくれない彼氏」には、ちゃんと思いを告げることが一番大切です。なすがままにしてしまっては、女性の方が後悔するような結果になってしまうかもしれませんよ。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

※ ソレ、勘違いかも…男が「本気度が低い女性」にとる意外な行動

※ 喜ばれたい!男が「エッチ上達」のためにコッソリにしていること

※ これってもしかして…男が彼女の「浮気」を疑う瞬間

※ 脈なし確定?男が興味のない女子に送る「社交辞令LINE」

※ 猫のように気まぐれ!男がコロッと落ちる「魔性の女」の特徴