『パッセンジャー』

写真拡大

今ハリウッドで最も旬な二人、ジェニファー・ローレンス(『ジョイ』)とクリス・プラット(『ジュラシック・ワールド』)をダブル主演に迎えた話題作『パッセンジャー』が、3月24日(金)より公開となる。

冬眠装置で眠る5000人を乗せ、新たな移住地を目指し地球を後にした豪華宇宙船が舞台となる本作。目的地の惑星到着まで120年も掛かるなか、なぜか90年も早く目覚めしまった男女の織りなす壮絶なラブロマンスが必見となっている。

これまで"人類移住計画"を題材にした映画の多くが、エイリアンの襲来、環境変動、食糧危機など、"地球滅亡"という設定の元に描かれていた。しかし、本作で描かれるのは"地球終焉後の世界"ではなく、希望に満ち溢れた移住。つまり、冬眠装置で眠る5000人の乗客たちは、それぞれに大きな夢を持って"120年の旅"に参加しているのだ。主演のジェニファーも、「惑星に到着する頃には、地球での知り合いはみんな死んでいるはず。行ったこともない新しい惑星で、全く新しい人生を一からやり直さなければならない。そのように人生を変える旅を選択したわけだから、当然のことながら、登場するのは興味深い人物ばかりよね」と語っている。

ジェニファーが演じるのは、ヒロインのオーロラだ。ニューヨーク出身で都会育ちの彼女は、著名な作家を父に持ち、自身も作家となって活躍する"恵まれた生活"を送ってきた。しかし、そんな幸せが溢れる地球を離れた理由は、"別の惑星での移住経験を本にしたい"という大きな夢があったからだった。作家としての大成を志す彼女の決断について、ジェニファーは「オーロラは、とても賢くて、活力に満ちていて、好奇心旺盛な女性。著名な作家の娘でもあるわ。だからこそ、オーロラは常に自分の存在を証明したいと頑張っているの。」と、世の女性たちの心にも響くコメントを披露している。

そんなオーロラを待ち受けたのは、"90年も早く目覚める"絶望的な状況。しかし、壮絶な運命に打ちひしがれてもなお彼女の生きる糧となったのが、地球では出会うはずのなかったエンジニアのジムとの"互いを求め合う愛"だった。ジェニファーは、「奇妙なことだけど、この極限状況はオーロラが最終的に必要としていたことじゃないかと思うの」と、驚きのコメントをしている。その理由を続けて「彼女はこれまでずっと、"心の空虚感"を埋めようとして何かを追い求め続けてきたの。だから"宇宙でたった二人きり"という状況に、安心感ともいえるものを抱くのよ」と解説。さらに、「地球にいたら、ジムのような人と恋に落ちるようなことはしないでしょうね。すぐに逃げ出したり、他の人に興味が移ったり、彼は自分にふさわしくないと自分に言い聞かせたりしてね」と、"宇宙でたった二人きり"だからこそ、オーロラは初めて"身近にも幸せがある"ということに気付いたと語っている。

本作を観れば、あなたの"本当の幸せ"が見つかるかもしない。オーロラの"大きな夢"と"身近な幸せ"にも注目しつつ、彼女がたどる壮絶な愛と運命を劇場で目撃して欲しい! 『パッセンジャー』は3月24日(金)より全国公開。(海外ドラマNAVI)