【詳細】他の写真はこちら

これからはBDでじっくり研究できますよ!

映画『シン・ゴジラ』のブルーレイ、およびDVDの販売・レンタルが2017年3月22日(水)よりスタートします。リピーターも続出した超人気作品だけに、まさしく待望となるパッケージ版。本日3月21日は発売前日ですが、いわゆる“フラゲ”日ということで、編集部でもこちらを急きょ入手。気になる内容のミニレポートとともに、あわせてチェックしたい話題もまとめました。



【3.22発売決定】『シン・ゴジラ』BD/DVDがついに出る! 4K Ultra HD版、限定フィギュアなど詳細仕様まとめ(2016.12.22)

▲今回発売される商品はBD版、DVD版でそれぞれ仕様の異なる複数のエディションを用意。“特別版”という名称がつくものは特典ディスクが2枚付属します。各々の詳細はこちらの記事を参照のこと。

再上位仕様“Blu-ray特別版 4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組”を買ってみた



今回、取り急ぎチェック用に入手したのが“Blu-ray特別版 4K Ultra HD Blu-ray同梱4枚組”のパッケージ。映画1本のブルーレイとはいえ、立派な箱に収納されたボックスセットになっています。ディスクは4枚組ですが、実際は「本編BD+特典BD2枚」のボックスセットに外付けで「本編4K Ultra HD BD」のケースがついているというもの。黒・赤・白を基調とし、絵柄を使わず極力シンプルに仕上げられたパッケージは「エヴァンゲリオンっぽい」印象を受けます。























本製品で初めて手にするという人も多いかと思われる「Ultra HD ブルーレイ」。4Kの最高品質で映像が記録されたディスクです。こちらは通常のブルーレイとは異なり、対応するプレイヤー/レコーダー(※後ほど解説)でなければ再生できません。出力側も4KとHDRに対応している必要があり、対応していない場合は以下のようなメッセージが表示されます(再生機側が対応していればそのまま再生はできる。写真は小型のHDテレビで出力したもの)。





本編ラストシーンに登場した“第5形態”が気になる!



『シン・ゴジラ』に登場する巨大不明生物こと「ゴジラ」は、劇中で次々と形態を変化させていきます。事前に明かされていなかった情報のため、この形態変化は公開当時から大きな話題になりました。2本足で歩き、火を吐いて暴れる黒いゴジラ(一般的に露出されているゴジラ)は“第4形態”とされるもの。

映画のラストシーンにはさらなる進化(?)を遂げた“第5形態”が映し出されますが、ゴジラの尻尾からヒトのような何かが生えている……というビジュアルが衝撃的でした。この“第5形態”が、2月に開催された「ワンフェス2017冬」にて一般公開。実際の撮影用造形物ということで、謎多き“第5形態”を知るための手がかりとして再び注目を集めます。



シン・ゴジラ第5形態!歴代TF大集合!ロボも美少女も!フィギュアと造形の祭典「ワンフェス2017冬」写真特集(2017.02.21)

シン・ゴジラのリアルなフィギュアが欲しい!



本編を観たあと、とにかくシン・ゴジラの立体物を手に入れたい!と思った方は少なくないはず。バンダイからはアクションフィギュアの「S.H.MonsterArts」を中心に、子どもでも遊べるソフビフィギュア「ムービーモンスターシリーズ」、ガシャポンなども次々発売。ゴジラ第2形態・第3形態をいち早く立体化したソフビなどが、おもちゃ屋さんから姿を消すほどの人気になりました。よりリアルなもの、サイズが巨大なものについては数十万円クラスの商品が海洋堂から発売に。

映画公開当初のシン・ゴジラ立体物は枯渇状態に陥ったものの、その後はラインナップも拡充。販売終了した限定ものもありますが、今ならかなり色々なものから選んで買えそうです。



シン・ゴジラ!発光&咆哮!ヒューマンサイズ!エヴァカラーまであるの!? 荒ぶる最新ゴジラフィギュアまとめ(2016.6.16)



【ネタバレ要注意】『シン・ゴジラ』を観たあとにフィギュアが欲しい話。 “衝撃のアレ”ももう発売されてた!(2016.8.8)



ライダー、戦隊、ウルトラマン、そしてシン・ゴジラ。バンダイ新作フィギュアの大博覧会始まる!【魂ネイション2016】(2016.10.28)

Ultra HD ブルーレイの再生機を手に入れたい!



『シン・ゴジラ』BDの最上位版である4枚組セットに含まれる「Ultra HD ブルーレイ」。昨年はまだまだ少なかった対応機も、現在は数が増え、10万円以下で手に入るものもかなり出てきました。特にシャープ、パナソニックはBDレコーダーで対応を進めているので、レコーダーの買い替えとともに“Ultra HD対応”にしてしまうというのも良さそうです。また、ゲーム機では『Xbox One S』がUltra HD ブルーレイ再生に対応しており、こちらは3万円台で買えてしまう現在最安の選択肢に。



シャープBDレコーダーがUltra HDブルーレイ対応へ!『BD-UT3100』ほか、10万円切りモデルもさっそく登場(2017.2.22)



パナソニック「ディーガ」新モデル速報。Ultra HDブルーレイ対応『DMR-UBZ2020』ほか6製品をチェック!(2016.9.28)



4K Ultra HD Blu-rayプレイヤーとしても最安だ!『Xbox One S』の国内発売が決定(2016.11.10)

待望の映像ソフト版『シン・ゴジラ』。本作が4Kにも対応したことで、テレビや再生機の環境などを見直すいい機会にもなりそうですね。今回、まだ対応機は持っていないがひとまず「Ultra HD ブルーレイ」セットを購入してしまった……という人もぜひ検討を!

構成・文/柳 雄大(編集部)

関連サイト



映画『シン・ゴジラ』公式サイト