ダウニー・Jr版ドリトル先生はこんな感じ?
 - NBC / Getty Images

写真拡大

 ロバート・ダウニー・Jrが新作映画『ザ・ボヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル(原題) / The Voyage of Doctor Dolittle』で主人公のドリトル先生を演じることが決まった。The Hollywood Reporter などが報じた。

 ドリトル先生は、動物と会話のできる獣医。1920年代に作家ヒュー・ロフティングの児童文学シリーズで誕生し、1967年にレックス・ハリソン主演の『ドリトル先生不思議な旅』、1998年にエディ・マーフィ主演『ドクター・ドリトル』(続編も制作)と実写映画化もされている。今回のダウニー・Jr版は、米ユニバーサルが激戦の末に獲得した。

 監督・脚本を担当するのは、『シリアナ』の監督・脚本家で、『トラフィック』で第73回アカデミー賞脚色賞を受賞したスティーヴン・ギャガン。ダウニー・Jrは妻スーザンと共にプロデュースも務める。1作目が成功すれば、ダウニー・Jrにとって『アイアンマン』『シャーロック・ホームズ』に続く第3のフランチャイズとなるだろう。(編集部・市川遥)