ジェフ・ダニエルズ

写真拡大

アーロン・ソーキン(『ソーシャル・ネットワーク』)がクリエイターを務めた社会派ドラマ『ニュースルーム』でエミー賞を受賞したベテラン俳優ジェフ・ダニエルズ(『スティーブ・ジョブズ』『オデッセイ』)が、Huluオリジナルドラマ『The Looming Tower(原題)』に主演することが明らかになった。米Varietyが報じている。

同作は、アメリカの作家で脚本家のローレンス・ライト(『マーシャル・ロー』)による小説「倒壊する巨塔」が原作。2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ事件に至る長い道のりを、アルカイダの指導者ビンラディンやFBI捜査官のジョン・P・オニールら、事件に関わった様々な人物に焦点を当て、膨大な資料と取材に基づき描いたノンフィクション作品である本書は、 2007年にピューリッツァー賞を受賞している。

ジェフの役どころは、実在するFBI捜査官オニール。彼は、アメリカがアルカイダのテロの標的になっていると信じているが、各政府機関との連携不足だけでなく、それぞれの機関の対抗意識のせいでもどかしさを覚えている。そして、既婚者であるにもかかわらず、女性に目がなく、グルメで酒好きな一面も持ち合わせているキャラクターと描写されている。

ダン・ファターマン(『フォックスキャッチャー』『ポリティカル・アニマルズ』)とアレックス・ギブニー(『スティーブ・ジョブズ 知られざる男の正体』『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』)をクリエイターに迎え、レジェンダリーピクチャーズが製作し、原作者のライトも製作総指揮に名を連ねる。同作は、全10話で、昨年9月に製作が発表されていた。(海外ドラマNAVI)