寺山修司 写真提供:テラヤマ・ワールド

写真拡大

映画『あしたはどっちだ、寺山修司』の資金募集プロジェクトが、クラウドファンディングプラットフォーム「Motion Gallery」で行なわれている。

【もっと大きな画像を見る】

『あしたはどっちだ、寺山修司』は、寺山修司の実像に迫るドキュメンタリー映画。寺山の関係者や寺山が主宰した劇団「天井桟敷」の元劇団員ら21人を対象にした約2年間におよぶ取材を通して、寺山が亡くなる直前に構想していた企画や、最後のメッセージなどが明かされるという。監督を務めるのは、これまでに500本を超えるドラマやアニメ、映画をプロデュース、演出している相原英雄。

クラウドファンディングプロジェクトでは、同作の配給・宣伝費への支援を7月7日まで募集中。目標金額は100万円となり、支援金額に応じたリターンには、映画の未公開シーンを収めたDVDや、エンドロールへの名前のクレジット、私家版の映画DVDなどが用意されている。映画の公開は2017年秋を予定。