毎年、3月に全国どこかの学校でシークレットライブを行っているGACKT。今年は静岡県三島市立中郷西中学校の卒業式にサプライズで登場し、卒業生に向けて歌とメッセージを届けた。

卒業式の真っ只中、ひっそりと静まり返った校内に現れたGACKT は、まず放送室に移動。サプライズゲストとして登場するまでの間、この場所で卒業式ライブにかける想いなどを語った。

放送室の設備を見ながら「(放送室に)久しぶりに入ったよ」と笑顔で話すGACKT。11 年もの間、毎年続けている卒業式のサプライズライブについては「気がついたら11 年だもんね。思い出の卒業式になってくれたらいいなと思って始めたことなんだけど…」と振り返り、「今回、リハが終わるまで校長先生、教頭先生、PTA 会長、他の先生が全員ずっと寒い体育館の中で見守ってくれてて、サプライズを成功させようと思ってくれる先生方がいるから毎年いいものが届けられる」と感謝の気持ちをコメント。

さらに、「ほんの少しだけ背中を押しにきただけだからね。最後には皆いい顔をして卒業してくれるんじゃないかな」と今回のライブへの意気込みを語った。

卒業式も佳境に入ると、GACKT は体育館の裏手へと移動。入り口付近で中の様子を伺う。そんなGACKT の姿に、ニコニコ生放送の画面には「これ見てるこっちが緊張する」「ドキドキしてきた」といったコメントが書き込まれるなど、視聴者も一緒になって緊張感を高めていた。

そして、いよいよGACKT 登場の瞬間へ。校長先生から紹介を受け、GACKT が体育館の扉を開けると、その姿を見た生徒たちからは悲鳴と大歓声が沸き起こった。生徒たちの間をゆっくり歩いて進み、登壇したGACKT。「皆の」という第一声に再び生
徒たちからは歓声が起こった。

「皆の門出に花を添えに海外から帰ってきました」と挨拶したGACKT は、「校長先生、他の先生方が寒い中でリハーサルを見守ってくれました。君たちに最高の花を添えてもらいたい、そんな気持ちがたくさん伝わってきました」と感謝の気持ちを述べた。

「毎年1 回しか歌わない曲、今年は君たちに届けます」とコメントし、『野に咲く花のように』をアコースティックギターの生演奏にのせて歌い上げた。

この様子にニコニコ生放送視聴者からは「1 年に1 回しか歌わない曲の生歌価値あるよね!」「卒業生、幸せだよ、感謝だよ」「こんなの卒業式で歌われたら絶対泣くなー」といったコメントが書き込まれていた。

歌い終わった後、生徒たちからアンコールが起こるなど、大きな感動に包まれた卒業式会場。そんな生徒たちに向けてGACKT は「君たちの前を歩く先輩として、最後にこの言葉を贈ります」と前置きし、「夢は見るものじゃない。夢は叶えるもの。そして夢を叶えること、それは強い意志を貫くこと。君たちの未来に期待します。卒業おめでとう」と祝福のメッセージを贈りった。

シークレットライブを終えて、学校を後にしたGACKT は「ボクも(生徒のみんなから)たくさんのものを受け取ってるから」と語り、「まだまだ人の背中を押せるようにがんばらないと」と決意を新たにしていた。

なお、本番組を見逃した方も、ニコニコプレミアム会員になると4月17 日(月)23:59までタイムシフト機能で視聴可能。また、この日の生中継映像に前日のリハーサルの模様を加えた、密着完全版放送を3月26日(日)21 時よりお届けする。