モテるってホント!? 童顔女子の特徴とメリット&デメリットとは?

写真拡大

「わたしって童顔なのかな?そもそも童顔の特徴って何?」
童顔で悩んでいる人、童顔になりたい人、さまざまな人がいます。
今回はそんな童顔の特徴やメリット、デメリットをご紹介していきます!

●童顔女子の特徴

まずは童顔女子の顔の大きな特徴について見ていきます。
童顔女子は、キレイな美人系の人より、キュートで可愛らしい印象 の人のほうが多いです。

●(1)顔の輪郭が丸い

童顔の人の特徴として、丸顔の人 が多い傾向があります。
輪郭がふっくらとしていて、フェイスラインが丸みをおびていると、童顔に見える事が多いようです。

●(2)目が丸い

童顔の特徴として、目の形が丸い 事も一つとして挙げられます。
さらにたれ目だと、より幼い印象に。

たれ目の人は、他人にやさしそうなイメージを与える事も多いです。
さらに目の大きさが小さめで、黒目が大きい人は、より童顔に見えます。

●(3)顔のパーツが小さい

目や鼻、口などの顔のパーツが小さい 人は、童顔に見られる傾向があります。
それぞれのパーツが大きいと、顔立ちがはっきりとして、大人っぽい印象を受けるときが多いですよね。

逆にパーツが小さい人は、やわらかい印象になり、より幼く見られるのです。

●(4)肌がきれい

赤ちゃんのようなぷるぷるのお肌 は、やはり実年齢より若く見られる要素となる事が多いです。
シワやシミもなく、なめらかでキメの細かい肌は、童顔の人の特徴ともいえます。

●(5)ナチュラルメイクが似合う

ナチュラルメイクが似合う、化粧をしてもすっぴんとあまり変わらない 、という人は、童顔の人によく見られます。
やはり化粧が濃いと、大人っぽく見えるときが多いですよね。

童顔の人が無理をして濃いメイクをすると、ちぐはぐな印象になってしまいます。
本来の可愛らしさを活かしたメイクを心がけましょう。

●童顔の女性芸能人

次に童顔で知られている、女性芸能人を挙げていきます。

・宮崎あおい(1985年11月30日生まれ)
・永作博美(1970年10月14日生まれ)
・安達祐美(1981年9月14日生まれ)
・aiko(1975年11月22日生まれ)

などなど。
やはりどの人もフェイスラインはふっくらしていて、全体的に丸みを帯びている顔ですね。
目も黒目が大きい人が多く、顔のパーツも小さめです。
誰からも愛される、可愛らしい顔立ち が印象的ですね。

●童顔のメリットとデメリット

では次に、童顔のメリットとデメリットを挙げていきます。

●メリット

まずは童顔のメリットからご紹介。
童顔であるがゆえに得をすること。たくさんあります。

優しく見える

童顔の人は、その見た目から、やわらかい印象 に見えます。
穏やかで優しそうな印象を与えるので、周りからの第一印象も良いでしょう。
よって人間関係も上手くいきやすく、誰からも愛される存在になれますよ。

実年齢より若く見える

女性なら誰しも、若く見られたいですよね。
童顔だと実年齢よりも若く見られる事がほとんどなので、大人の女性にとってはお得感があります。

男性にモテる

童顔好きの男性は多いです。
ふんわりとした可愛らしい印象の童顔女子。
嫌いな男性はいないのではないでしょうか。

●デメリット

次は童顔のデメリットです。童顔はときに損をすることもあります。

子ども扱いされる

童顔というだけで、年相応の扱いをされない 、という事があります。
もう大人の女性なのに、いつまでたっても子ども扱いされる。

年下の後輩になめられて、先輩扱いしてくれないなどの悩みがあります。

大人っぽい服が似合わない

これも童顔ゆえの悩みですね。
着たい服があっても、大人っぽすぎて自分には似合わない 。

顔が服に負けてしまう。
などなど、ファッションにおいても童顔ならではのデメリットがあります。

頼りなく見える

童顔の女性は、どうしても頼りない印象 を受ける人が多いようです。
特に仕事において責任感がなさそうに見えたり、リーダーシップを取れなさそうに見えたりして、不利になることがデメリットとして挙げられます。

●童顔女子は得をすることが多い!

以上、童顔女子の特徴や、メリット・デメリットを紹介しました。
童顔はデメリットもありますが、やはり実年齢より若くみられて、得をすることが多いです。

やわらかい雰囲気で優しそう。性格も良く見えます。
童顔女子はやっぱり、得をする事が多い のです。

童顔がコンプレックスだと思ってる方、考え方を変えてみて、これからは童顔を活かしてみてはいかがですか?

----------

童顔を上手く活用できれば、素敵な出会いにつながるかもしれません。
童顔女子ならではの可愛らしさを活かして、意中の男性をゲットしましょう!

(文/恋愛jp編集部)