オン・シウ、イ・グクジュへの発言に対し謝罪「売名ではない…僕の発言が問題になるとは思わなかった」

写真拡大

女性お笑い芸人のイ・グクジュに攻撃的な発言をし、波紋の中心に立った俳優オン・シウが立場を表明した。

オン・シウは21日午後、自身のInstagram(写真共有SNS) を通じて「数日間考えを整理し、いくつか釈明すべきことと謝罪しなければならない部分については明確にして次に進むべきだと思い、このように文字にする」と話し始めた。

先日オン・シウは、イ・グクジュが自身に対する攻撃性のある悪質な書き込みについて、強硬な対応をする方針を明らかにしたのに対し「コメントで嘲弄されて気分を悪くされましたか? あなたが公の場でセクハラした男性芸能人はどうだったと思いますか?」とし「面と向かって怒ることもできない場で、渋々笑い飛ばしたであろうその状況。すでに10回は告訴されていることなのに、恥を知ってください」という内容の書き込みを掲載し、波紋を呼んだ。

オン・シウはまず「僕の名前を広めようと“ノイズマーケティング(悪い情報を流して注目を集めようとする手法)”をしているという言葉は、話にならない」とし「僕が誰かみたいに有名人でもなく、公人でもなかったので、僕の発言が問題になるとは全く想像もしなかった。偶然にも僕の書き込みがネットユーザーから呼応を得て、それが記事に書かれ問題となっただけ」と、一部で提起されたノイズマーケティングの疑いを解明した。

また「僕は悪質な書き込みについて擁護はせず、今もしていないし、今後もしない。悪質な書き込みを告訴するという記事に、視聴者の立場で反論を提起した点については、まるで悪質な書き込みを擁護するかのように受け取られ、誤解が生じるかもしれないという点に気づいたので、その点について深く反省する」と付け加えた。

最後にオン・シウは「ネット上で公開される“悪質な書き込みの嘲弄”と、番組で公開される“性的嘲弄”はどちらも間違ったことで、僕の考えは間違っていないということを申し上げる」とし、「僕の発言でショックを受けた当事者イ・グクジュさんと、その周りの方に深く頭を下げ謝罪を申し上げ、僕の発言でショックを受けたすべての方々に、深く謝罪申し上げる」と謝罪した。

オン・シウ、イ・グクジュにセクハラ問題を提起…「恥を知ってください」