写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDC Japanは3月21日、国内ファイル/オブジェクト・ストレージ市場予測を発表した。それによると、同市場は2015年から2020年にかけて年間平均成長率(CAGR)10.7%で成長を続け、2016年の877億6,500万円が2020年には1422億9600万円に拡大するという。

2016年の同市場における支出額は、2015年に対して2.6%増の877億6500万円となる見込みだ。

同社は同市場を、スケールアップ・ソリューションとスケールアウト・ソリューションに分類している。

2016年はスケールアップ・ソリューションがマイナス成長となる一方、スケールアウト・ソリューションの市場規模が拡大し、スケールアウト・ソリューションへのシフトが進んだという。

ファイル・ストレージにおけるスケールアウト比率が上昇したことに加え、スケールアウト・オブジェクト・ストレージにおける商用ソフトウェアを用いたSoftware-Defined Storageの構築が堅調に推移し、用途が拡大したことがその要因としている。

今後は大容量データを効率的に管理・利用できるスケールアウト・ソリューションへのシフトが進むと同社は予測する。

2015年から2020年における支出額のCAGRは、スケールアップ・ソリューションがマイナスになるのに対し、スケールアウト・ソリューションは26.0%と高い成長率となると見ている。2020年のスケールアウト・ソリューションの支出額は、同市場の72.6%を占めるという。

同社エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの宝出幸久氏は、「データの急速な増加とデータ活用の重要性の高まりによって、ファイル/オブジェクト・ストレージのメリットである、大規模環境への拡張性、運用管理の効率性などの要素への評価がよりいっそう高まる。ITサプライヤーは、直近のデータ管理課題を解決すると共に、データ活用基盤の実現へと導く将来像を提示し、Software-Defined技術を利用した提供モデルの多様化を進め、ファイル/オブジェクト・ストレージの展開を強化するべきである」と述べている。

(山本善之介)