小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト『カルメン』が開幕

写真拡大

 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクト『カルメン』が、3月20日ロームシアター京都にて幕を開けた。

 小澤征爾音楽塾オペラ・プロジェクトは、若手音楽家にオペラ制作を体験してもらうことを目的にスタートしたプロジェクトで、今年で15回目を迎える。オーケストラは16歳から29歳までの若手奏者の中からオーディションによって決定。今年は、国内外から集まったおよそ400名の応募の中から69名が選ばれた。

 初日となる3月20日の公演では、小澤征爾と村上寿昭の指揮のもとメトロポリタン歌劇場などで活躍する歌手陣、若手奏者らがオペラ『カルメン』を熱演。客席は大いに沸き、スタンディングオベーションが贈られた。小澤征爾音楽塾は今後、3月22日にロームシアター京都での2回目の公演を行ったのち、26日には東京・東京文化会館、29日は愛知・愛知県芸術劇場で公演を行う。なお、京都・東京公演のチケットは完売となっている。写真:大窪道治