スペシャルオリンピックスの聖火リレー公式サイトより

写真拡大

(台北 21日 中央社)知的障害者の国際スポーツ競技会「スペシャルオリンピックス」の開催を前に今月9日から18日まで行われた同大会のトーチラン(聖火リレー)「ファイナルレグ」。その公式サイトに、中華民国(台湾)の国旗が掲載されていることが明らかになった。同大会に選手団を派遣するスペシャルオリンピックス中華台北(SOCT)は、驚きを示している。

中華民国の国旗が登場しているのは、ファイナルレグの公式サイトで公開されているイベント紹介資料の中。ファイナルレグ参加国の国旗紹介のページで、チャイニーズタイペイ(中華台北)の部分に中華オリンピック委員会旗ではなく、青天白日満地紅旗が使われた。同サイトは大会公式サイトとは異なる。

SOCTによれば、大会公式サイトでは参加国・地域の旗は掲載しておらず、青天白日満地紅旗はファイナルレグの運営側が独自に載せたものだという。

スペシャルオリンピックスはオーストリアで18日に開幕。24日まで行われる。

(李宇政/編集:名切千絵)