稲葉友が再びヒーローに!
 - (C) 2017『N.Y.マックスマン』製作委員会

写真拡大

 特撮ドラマ「仮面ライダードライブ」で仮面ライダーマッハ/詩島剛を演じた俳優の稲葉友が、映画『N.Y.マックスマン』で映画初主演を務めることが明らかになった。ヒロインを演じる山谷花純ほか、千葉雄大や竜星涼、内田理央といった特撮出身キャストが集結する。

 本作は、数々の変身ヒーローを生み出してきたテレビ朝日と吉本興業が共同製作した『マックスマン』シリーズの第3弾。2015年に公開された『Mr.マックスマン』は千葉、昨年公開された第2弾『Bros.マックスマン』は竜星が主人公を演じ、第3弾では稲葉が主演に抜てきされた。

 「仮面ライダー」を経験した稲葉の新たなヒーローものへの挑戦に期待がふくらむ本作。稲葉は、「映画での主演はお初でしたのでじんわりとプレッシャーのようなものを感じていましたが、シリーズ第3弾ということで出来上がった世界観の中に飛び込ませてもらおうという意気込みで挑みました」と心境を語る。

 そして、「現場ではかつてそれぞれの場所で『変身』していた人たちに囲まれていたので世界が混ざるような不思議な感覚があり、それが作品のひとつの見どころになっていると思います」と本作ならではの魅力をアピールした。

 シリーズ第3弾となる今作の舞台は、ニューヨーク。その地で探偵をしているヒロ・マックス(稲葉)が初代マックスマンの正義(千葉)と出会う。その後、訪れた日本で、とある事件の真相を探ることとなる。本作は4月20日〜23日に開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の「TV DIRECTOR’S MOVIE」部門で上映される予定だ。(編集部・小山美咲)