映画「The NET 網に囚われた男」ポルト国際映画祭で作品賞受賞…イ・ウォングンは主演男優賞を受賞

写真拡大

キム・ギドク監督が演出した映画「The NET 網に囚われた男」(以下「The NET」) が今月4日、ポルトガルで閉幕した第37回ポルト国際映画祭で、作品賞と主演男優賞を受賞する快挙を成し遂げた。

制作会社のキム・ギドクフィルムによると、第37回ポルト国際映画祭で「The Net」は、オリエント・エクスプレス部門の作品賞を受賞し、俳優イ・ウォングンは監督週間で主演男優賞を獲得した。

「The NET」は船が網にかかり、やむを得ず単独で南北の境界線を越えることになった北朝鮮の漁師が、家族のもとに戻るために耐えなければならなかった、壮絶な一週間を描いた物語である。

ポルト国際映画祭(FantasPorto-Oporto International Film Festival) は、平均10万人以上の観客を動員する映画祭で、実験的な映画と古典的な映画を同時に紹介することで有名だ。スペインのシッチェス映画祭、ベルギーのブリュッセル映画祭と共に3大ファンタスティック映画祭の1つで、コンペティション部門にはファンタジー、オリエント・エクスプレス、監督週間がある。