写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●視聴率30%台も連発
20日の放送で月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)が終了した。同作は「月9史上最低視聴率の更新」がたびたびネットニュースに取り上げられ、全話平均も6.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)のワーストを塗り替えるなど、最後まで不名誉を覆すことができなかった。

しかし、視聴率の低迷と反比例するように、配信サービスは過去最高ペースで推移していたのも、また事実。特に「全視聴の約25%を17〜22歳女性のユーザーが占めていた」というデータは、若者のテレビ離れが叫ばれる中で大健闘と言っていいだろう。

月9は、今年4月で放送30周年を迎えるフジテレビの看板枠。高視聴率、社会的なブーム、物議を醸した問題作、そして視聴率の低迷まで、これまでの歴史を振り返りながら、近未来の予想図を読み解いていく。

○スタートは"業界モノ"だった

萩本欽一の『欽ドン』シリーズが終わった1987年4月。月9第1弾は、岸本加世子主演の『アナウンサーぷっつん物語』だった。続けざまに、田原俊彦主演の『ラジオびんびん物語』、とんねるず主演の『ギョーカイ君が行く!』、東山紀之主演の『荒野のテレビマン』など、いわゆる"業界モノ"を放送。当時、憧れの職業だったマスコミをテーマに選んだことが、翌1988年のトレンディドラマにつながっていく。

陣内孝則主演の『君の瞳をタイホする!』、三上博史主演の『君が嘘をついた』、中山美穂主演の『君の瞳に恋してる!』の"君3部作"は、男女を問わず若年層の心をガッチリとつかんだ。「あんなカッコイイ恋がしたい」と夢を描かせる月9のイメージは、この時に形成されたものと言っていいだろう。

1990年代に入ると、恋愛ドラマ路線が加速。浅野温子と三上博史がオープニングでキスを連発した『世界で一番君が好き!』、安田成美と吉田栄作が旅行代理店で社内恋愛する『キモチいい恋したい!』、中山美穂が切ない片想いに揺れる『すてきな片想い』。そして、1991年の鈴木保奈美と織田裕二の『東京ラブストーリー』、浅野温子と武田鉄矢の『101回目のプロポーズ』という月9人気を決定づけた名作にたどり着き、視聴率も30%台に突入した。

○無双状態で挑戦的な作品を連発

当時の月9は怖いものなしの無双状態で、翌1992年に衝撃的な作品を連発。三上博史が1人3役と女装で騒然とさせた『あなただけ見えない』、中森明菜をヒロインに起用した『素顔のままで』、映画『ゴースト』をそのまま連ドラにした『君のためにできること』、「ヒューヒューだよ」「カキーン」のセリフが斬新な『二十歳の約束』と、攻めに攻めた作品が続き、常に話題の中心となっていた。

続く1993年の江口洋介主演『ひとつ屋根の下』はホームドラマ、中井貴一主演『じゃじゃ馬ならし』は親子もの。1994年の西田ひかる主演『上を向いて歩こう!』はドタバタコメディ、和久井映見主演『妹よ』は兄妹もの。1995年の中山美穂主演『For You』はシングルマザーのヒロイン、小泉今日子主演『まだ恋は始まらない』は時空を超えたSFラブコメ。

1996年の和久井映見主演『ピュア』は知的障害者のヒロイン、中山美穂主演『おいしい関係』は料理をモチーフ。1997年の反町隆史・竹野内豊主演『ビーチボーイズ』はイケメンに特化。1998年の田村正和主演『じんべえ』は血のつながらない親子の恋愛。1999年の広末涼子主演『リップスティック』は少年鑑別所の世界と、初めてのテーマに挑み続けた。

このころ、木村拓哉主演の『ロングバケーション』『ラブジェネレーション』が圧倒的な人気を集めていたが、むしろ恋愛以外の要素をフィーチャーしたこれらの「チャレンジングな作品こそ、月9らしさ」のような気もする。実際、月9の後を追うように、各局の連ドラがさまざまなテーマの作品を手がけはじめ、のちの定着につながっていった。

○「月9=恋愛」のイメージが消える

2000年代に入ると、一転して純度の高い恋愛ドラマが復活。中山美穂と金城武の『二千年の恋』は国家スパイの恋、佐藤浩市と稲森いずみの『天気予報の恋人』はバツイチ同士の恋、松嶋菜々子と堤真一の『やまとなでしこ』は貧富をめぐる恋と、ピュアな恋心を引き立てるような設定の妙が光った。

しかし直後、劇的に路線が変わる。きっかけになったのは、2001年の木村拓哉主演『HERO』だった。以降、いわゆる"お仕事モノ"が続いていく。

滝沢秀明主演『アンティーク〜西洋骨董洋菓子店〜』はパティシエ、2002年の竹内結子主演『ランチの女王』は洋食店コック、2003年の江口洋介主演『東京ラブ・シネマ』は映画配給会社、ミムラ主演『ビギナー』は司法修習生の世界を描いた。

とりわけ演技未経験のミムラを大抜擢した『ビギナー』は驚きを呼び、2004年の『東京湾景〜Destiny of Love〜』も韓流ブームを丸ごと採り入れる作風に騒然。その後も、2005年には生物学者と遺伝子を恋に絡めた『不機嫌なジーン』、2006年には不朽の名作を蘇らせた『西遊記』、クラシック界の群像劇『のだめカンタービレ』、2007年には物理学ミステリーの『ガリレオ』、2008年には学園ドラマの『太陽と海の教室』、政界を描いた『CHANGE』、2009年には刑事ドラマ『東京DOGS』を放送。

テーマはバラバラで「月9=恋愛」のイメージは極めて薄くなり、年間4作中恋愛ドラマは1〜2作しか放送されなかった。視聴率がグッと下がり始めたのもこの時期であり、現状打破のために試行錯誤をしていた様子がうかがえる。

○再々々度の路線変更に見る苦闘

2010年代に入ると、「月9=恋愛」に再度の路線変更。木村拓哉主演『月の恋人〜Moon Lovers〜』、松本潤主演『夏の恋は虹色に輝く』、竹野内豊主演『流れ星』、戸田恵梨香主演『大切なことはすべて君が教えてくれた』、香取慎吾主演『幸せになろうよ』、新垣結衣主演『全開ガール』、香里奈主演『私が恋愛できない理由』と、7作連続で恋愛ドラマを放送した。

しかし、2012年には再々度の路線変更。アクションアリの探偵ドラマ『ラッキーセブン』(松本潤主演)、鍵マニアの事件解決モノ『鍵のかかった部屋』(大野智)、お金と家を失った男の再生を描く『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(木村拓哉)、本をモチーフにした推理モノ『ビブリア古書堂の事件手帖』(剛力彩芽)、巡回診療船の活動を描いた『海の上の診療所』(松田翔太)、裏社会のトラブル解決に挑む『極悪がんぼ』(尾野真千子)、初の時代劇『信長協奏曲』(小栗旬)、池井戸潤原作のミステリー『ようこそ、わが家へ』(相葉雅紀)と恋愛から離れ、作品ごとに視聴ターゲット層が異なる作品が続いた。

ただ、「やっぱり」と言うべきか、2015年夏に再々々度の路線変更が訪れる。『恋仲』(福士蒼汰)、『5→9〜 私に恋したお坊さん〜』(石原さとみ)、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』(有村架純)、『ラヴソング』(福山雅治)、『好きな人がいること』(桐谷美玲)、『カインとアベル』(山田涼介)、そして今クールの『突然ですが、明日結婚します』(西内まりや)と、恋愛モノを連続放送したのだ。しかも、ほとんどの作品が若年層をターゲットにしたものだった。

視聴率はますます下がってしまったが、2年弱の間その路線を変えずにトライし続けた勇気は、もっと称賛されてしかるべきだろう。そして、いよいよ今年4月、30周年を迎える。

●総力結集の『貴族探偵』『コード・ブルー』
○4月スタート『貴族探偵』は推理モノ

くしくも昨年末、『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)の大ヒットで、「恋愛ドラマが幅広い年代に通用しない」というわけではないことが証明された。しかし、フジテレビが選んだのは再々々々度の路線変更だった。

4月スタートの『貴族探偵』は、恋愛ではなく推理モノ。リアルタイム視聴の多い中高年層に好まれる推理モノを立てたところに、「さすがにこれ以上視聴率を下げるわけにはいかない」という本音がにじむ。人気者の相葉雅紀を主演に立てたほか、武井咲、生瀬勝久、井川遥、中山美穂、松重豊、仲間由紀恵などの豪華な助演陣は、「ターゲット層を広げなければ」という気持ちの表れではないか。

さらに、7月から放送予定の『コード・ブルー ドクターヘリ救急救命 3rd season』も中高年層に人気の医療モノ+山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香、比嘉愛未、浅利陽介の強力キャストであり、「若年層よりも高視聴率狙い」なのは明らかだ。若年層の配信視聴習慣がつきはじめた恋愛モノを捨ててしまうのは、もったいない気もするが、CM収入以外のマネタイズが十分でない現状では仕方がないのかもしれない。

それでも月9は、若年層とドラマの貴重な接点となり、若年層向けの恋愛映画が人気を集めるなどニーズがあるだけに、テレビ業界全体で見れば多少の損失はあるだろう。深夜帯やネット配信への振り替えなど、「この2年弱、月9で恋愛モノを楽しんできた若年層へのフォローができるか」がテレビそのものへの愛着を左右するかもしれない。

○果敢な挑戦こそ月9の伝統

依然としてネット上ではフジテレビへの風当たりが強く、その声は象徴的存在である月9へ向けられる。放送前から「どうせつまらない」「キャストのイメージが違う」などのネガティブ・キャンペーンが起こり、PV稼ぎのためにバッシング記事を量産するネットメディアも少なくない。

ただ、視聴率回復を狙い、総力を結集した『貴族探偵』と『コード・ブルー ドクターヘリ救急救命 3rd season』は、見応えのある作品に仕上がり、それなりの視聴率を獲得するのではないか。とは言え、それで「月9の未来は安泰」とは言えないし、フジテレビも「それなりの成果でよし」とはしないだろう。

これまで挑戦的な試行錯誤を繰り返し、人々のニーズや流行に寄り添おうとしてきた月9が、高視聴率狙いの推理・医療ドラマばかりを放送するとは思えない。いや、私の周りには「思いたくない」と期待している人は多い。往年の月9ファンだけでなく、10〜20代の男女からも、愛着の気持ちを持っているのだ。

前述したように、放送枠に関わるニュースがネットニュースを騒がせるのは、月9だけ。それほどまでのブランド力があるのだから、今年放送される作品で復活の手応えをつかみ、また果敢な挑戦を見せてくれるのではないか。果敢な挑戦こそ、月9が30年間で培ってきた伝統。すべての作品を視聴してきた私もまた、月9への期待感が消えることはない。

■木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20〜25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』『TBSレビュー』などに出演。取材歴2,000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。

(木村隆志)