うどん玉

写真拡大

スーパーなどで3玉100円程度で販売されているうどん玉。お腹が減ったときに、さっと調理して食べられるから、常備している家庭も少なくないのでは?

でも、その便利さに甘えて、わたくしの場合はいつも釜玉うどんにするだけのワンパターン。だって、生卵を落として、めんつゆかけるだけでズルズルっと食べられてらくちんなんですもの。だけど、このうどん。他に楽しみ方はないかしらと思い立ち、探してみました。

●ご飯を炊くのが面倒臭いあなたに!お腹に優しいうどんがゆ

ちょっと胃腸の元気がないと感じた時は、消化に優しいうどん粥はいかが?

【材料】

・うどん…お好み量ですが1/12くらいで十分

・玉ねぎ…5g程度

・和風だし…1/2カップ

・小松菜…5g

【作り方】

1.玉ねぎはみじん切りにして和風だしを溶いたお湯で火を通す。その後、粗く刻んだうどん、小松菜の順に入れてひと煮たち。

2.あらかた火が通ったら、一度小松菜だけおか上げして、その他はミキサーかすり鉢ですりつぶす。

3.すりつぶし終わったら上に小松菜を置いて彩りあざやかに。

二日酔いのパパにもうれしいこのレシピは、子どもの離乳食にもピッタリ。シンプルな味付けは舌をリセットしてくれるようで、時々食べると染みわたる味わい。

●うどん玉をお菓子に?

ちょっとお茶のお供にお甘いものがほしい時。そんな時もうどん玉さえあれば、お手軽スイーツに。

【材料】

・うどん…1玉 ・片栗粉…大さじ2 ・砂糖…大さじ1 ・揚げ油…適量

【作り方】

1.うどんを食べやすいサイズにちぎって、袋に入れて、片栗粉と砂糖をまぶす。

2.180度の揚げ油で1をきつね色になるまで上げたら出来上がり

このままでももちろんおいしいですが、好みできなこやカカオパウダーなどを振って味に変化を付けても楽しい。また、ちょっとカロリーは高いけれど、上にアイスクリームを落とすのも美味。

●うどん玉を玉状に変形して具材のひとつに?

残ってしまって使いきれない時は、いっそうどんを変化させて具材として利用するのはいかが? そのためのレシピが以下の通り。

【材料】

・うどん…1玉

A「片栗粉…大さじ3、中華だし…小さじ1、しょう油…小さじ1、こしょう…お好み量」

【作り方】

1.うどんを揉みつぶしたら、Aとボウルのなかでよく混ぜ合わせる。

2.1をひと口大に丸める。少々平べったくすると火の通りが良い。

3.2を5分程度茹でる。

お鍋に入れたり、あげたりと汎用性の高いうどん玉は、例えば野菜のスープなどでひとつの鍋で済ませたいけど、少し物足りない時に入れたり、串に刺してお団子代わりに楽しんだりと万能!

どうです? うどん玉の万能さ加減を見て、家にストックしておきたくなったでしょう? あらかじめ茹でて冷凍されているから、水で解凍するだけでもおいしくいただくことができる冷凍うどん。困った時のために、冷蔵庫に忍ばせておきましょ♪

(文・小麦色ゆみ/考務店)