トイレの臭いに悩まされている方に

写真拡大

アース製薬は2017年3月16日、大幸薬品との共同開発による製品第1弾となる「クレベリン トイレの消臭除菌剤」を3月31日より発売すると発表した。

同社プレスリリースによると、「クレベリン トイレの消臭除菌剤」は、これまで消臭芳香剤市場にはなかった塩素を参加させた成分「二酸化塩素」でニオイの原因となる菌を除去する製品。二酸化塩素は、尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解する「ウレアーゼ」という酵素を発生させる菌を除菌することでき、さらにミントの香りの芳香剤を加えることで、トイレの不快臭を隠すだけでなく原因から消臭できるとしている。

また、二酸化塩素によってトイレ空間に浮遊する菌や、手が触れる場所の付着菌、ニオイの原因菌なども除菌することができ、壁や床に発生するカビの生育を抑制するという。使用目安期間は2か月程度で、設置環境によって効果は異なる。