雰囲気勝負するなら!お上品に「見える」女子が持っている要素

写真拡大



「上品な女性」っておしとやかで洗練された女性ってイメージがありませんか? そんな女性に憧れる女子も多いでしょう。誰だって下品な女性よりも上品な女性の方が好感を持てますもんね。でも、上品な女子って一体どんな女子なのでしょうか……?今回は上品に見える女子の特徴をご紹介します。日頃からちょっと意識すれば誰でも雰囲気上品女子になれるはず!

■1.いつも姿勢がいい

「いつも姿勢がまっすぐピッとしている人って品がよく見える」(27歳/男性/IT)

「男女問わずだけど、猫背の人って安っぽく見えると言うか、仕事できなさそうな感じがする。逆にいつも背筋が伸びている人は頭良さそうだし、上品そう」(30歳/男性/不動産)

姿勢がいいと自信があるように見えますよね。意外と姿勢ってその人を印象づけるもの。『だらしない人』と勝手に思われないためにも、普段から気をつけるようにしましょう。

■2.ネイルがきれいにケアされている

「コテコテなネイルではなく、シンプルにピンク一色などきれいに塗られてる爪が好き。ネイル剥がれていたり、ネイルが伸びて自爪が見えているのは嫌だね」(31歳/男性/通信)

見られる機会の多い手。ネイルをしている女子も多いでしょうが定期的にちゃんとケアしているでしょうか? ネイルが剥がれているとどうしても上品だとは思われにくいです。定期的にケアしてきれいにしておきましょう。

■3.ケアされたサラサラの髪の毛

「染めたところが伸びて、プリンになっている髪は論外。カラーするなら定期的にリタッチしてほしい。いつ会ってもプリンじゃない女子はちゃんと手入れしているんだろうなーって感心する」(26歳/男性/医療系)

「髪の毛がサラサラでツヤツヤだと品よく見える」(30歳/男性/証券)

髪がパサパサよりもウルウルのサラサラのほうが断然雰囲気上品です。メイクはバッチリなのに髪の手入れがイマイチでは男子もがっかり。1日努力しただけできれいになるものでもないですから、日頃のケアを大切にしましょう。上品は1日にしてならず!ですよ。

■4.ナチュラルメイク

「素材勝負のナチュラルメイクが一番素敵で優美!」(29歳/男性/飲食)

「チークとかリップ濃いだけでけっこうケバくみえる。すっぴん風のメイクがオトナきれい」(31歳/男性/営業)

大人っぽい上品な印象を狙おうとしてあまりにも濃いメイクをすると、逆に下品に見えてしまうことも。雰囲気上品を目指すのならナチュラルメイクで素材勝負です!

■5.字がきれい

「字がきれいな女性って頭良さそうとか、育ち良さそうなイメージ。少なくとも下品には見られないよね」(29歳/男性/広告)

字がきれいなだけで、ちょっと好印象を与えるもの。美文字は読んだ人を感激させる力があります。文字を美しくするのなら、外見に自信がない人も努力しやすいですよね。せっかくなら文字から雰囲気上品を目指すのもいいかもしれません。

■おわりに

上品になりたくっても、何をすればいいのか難しいですよね。でも、このようなことは誰でも少し努力すればできること。恋を有利にさせるためにも、雰囲気上品で自分に箔をつけちゃいましょう。(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)(山田彩乃/モデル)(柳内良仁/カメラマン)