町なかにひっそりと立つ寺では、境内に入った両側に2本の大きなベニシダレザクラが植えられている/成願寺

写真拡大

約400本の桜を満喫できる平野神社の周辺には、学問の神様・菅原道真公を祀る北野天満宮や、シダレザクラで有名な千本釈迦堂など、春の京都観光におすすめな桜スポットも充実。そこで、編集部がおすすめする桜鑑賞コースを紹介!

【写真を見る】地面に付きそうなほどの枝ぶりが見事なシダレザクラ。ほかの花見スポットに比べて混雑していないのもいい/千本釈迦堂

■ <10時>成願寺

「成願寺」は、浄土宗の寺院で、観音堂には観音菩薩と地蔵菩薩が祀られている。春には桜が美しく、知る人ぞ知る桜の隠れスポットに。静かな境内のベンチで、座ってゆっくり眺めよう。

町なかにひっそりと立つ寺では、境内に入った両側に2本の大きなベニシダレザクラが植えられている。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬〜4月上旬、本数:2本、ソメイヨシノ、ベニシダレザクラ。

【成願寺】住所:京都市上京区一条御前西入ル3丁目西町22 電話:075-462-2666 時間:拝観自由 休み:なし 料金:拝観無料

<次の千本釈迦堂へは徒歩12分>

■ <11時30分>千本釈迦堂

「千本釈迦堂」は、京都最古の木造建築の本堂が有名。国宝に指定されている本堂の前には「阿亀桜」の名で親しまれているシダレザクラが、繊細な花を咲かせている。京都市内でも早めに満開になるのでお見逃しなく。

地面に付きそうなほどの枝ぶりが見事なシダレザクラ。ほかの花見スポットに比べて混雑していないのもいい。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬〜4月上旬、本数:約15本、ソメイヨシノ、シダレザクラなど。

【千本釈迦堂】住所:京都市上京区七本松通今出川上ル 電話:075-461-5973 時間:境内自由、霊宝殿・本堂9:00〜17:00 休み:なし 料金:境内無料(霊宝殿・本堂600円)

<次の北野天満宮へは徒歩10分>

■ <13時>北野天満宮

「北野天満宮」は、全国天満宮の総本社。学問の神様・菅原道真公を祀り、学業成就や入試合格祈願の神社として知られている。春は梅が有名だが、実は桜の木もあるので探してみよう。

境内には天神さんのお使いの牛の像や一願成就の牛社があり、農耕や芸能、厄除けの神様としても知られている。ご利益をいただいて帰ろう。

【北野天満宮】住所:京都市上京区馬喰町 電話:075-461-0005 時間:5:00〜18:00 休み:なし 料金:境内無料

<次の平野神社へは徒歩5分>

■ <14時>平野神社

「東は祇園、西は平野」と言われ、江戸時代から桜の名所として知られている「平野神社」。境内にはなんと約60種・約400本の桜が植えられている。早咲きから遅咲きまでそろい、魁桜や嵐山桜など、珍しい品種もいっぱい。1か月間多彩な品種が見られる。桜の博覧会は何度も訪れたい。

神門の手前に植えられている、平野神社を代表する早咲きの品種、魁桜。一重の花びらで、白い花をしだれて咲かせるのが特徴。見ごろは3月下旬。

期間限定で、桜苑や新門内などでライトアップを実施する。<期間:3月25日〜4月20日(予定)、時間:日没〜21:00ごろ 料金:無料。木金土日には桜コンサートも>

境内には屋台などが出店し、にぎやかな雰囲気に。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬〜4月下旬、本数:約400本、ソメイヨシノ、楊貴妃、平野妹背など。

【平野神社】住所:京都市北区平野宮本町1 電話:075-461-4450 時間:6:00〜17:00(観桜期は6:00〜21:00ごろ) 休み:なし 料金:境内無料【関西ウォーカー編集部】