テンセントはこのほど、AI Labが開発した囲碁ソフト「絶芸」が第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会で優勝したと発表した。資料写真。

写真拡大

人工知能(AI)をめぐる議論が活発化しているが、コンピューターソフトによる対局は依然として、AIの未来の鍵を握る一つの指標となっている。テンセントはこのほど、AI Lab(テンセント人工知能実験室)が開発した囲碁ソフト「絶芸(Fine Art)」が、第10回UEC杯コンピュータ囲碁大会で優勝したと発表した。北京晨報が伝えた。

東京電気通信大学西9号館3階のAVホールに19日、多くの人が集まった。音なき対局ながら、会場は緊張した雰囲気に包まれた。「絶芸」は50数分間の対局を経て、日本の囲碁ソフト「DeepZenGO」に2度勝利し、優勝を果たした。

UEC杯は日本で始まり、毎年世界の高水準AIチームを東京に招き、関連学術・科学技術の交流を促進している。(提供/人民網日本語版・編集YF)