男子との出会いの場で「結果をゲットする」方法4つ、もうムダ打ちしない!

写真拡大

<ミフルのGATC(Gocon And The City) vol.64>

 アナタは恋活・婚活の場で結果を残せていますか?

 合コン2,500回参加で恋活・婚活の電子書籍『GoconAndTheCity(合コン・アンド・ザ・シティ)』を刊行した筆者が、先日初めての合コンイベントを仮面バー『Zorro』で敢行!

 出会いを勝ち取った積極的な肉食女子たちに、“出会いの場で結果を残す”方法をヒアリングしました。

◆共通点を見つける

「住んでる場所や出身、好きな食べ物・趣味とか何でもいいんだけど、絶対に誰でも共通点があるから、そこから話を発展させます。あまりに相手が乗り気じゃなければあきらめるけど、共通の話題があれば会話はだいたいハズむからオススメ♪」(28歳/広告代理店)

 次のデートにつなげる技はありますか?

「よく行く場所とか好きな食べ物になるべく共通点を見つけて“そういえば○○行ってみたいな”とか“○○食べたいな”と言って、誘わせます(笑)!」

 なるほど、ナイス誘わせテクですね!

◆ベスト3を決める

「1番気に入った男子を落とせるのが1番ですが、だいたいそういう人はライバルがたくさんいるので無理はしません。No.1は難しくとも、その日の会のベスト3を決めて、いずれかの人と連絡先交換をするコトを目標にします。」(26歳/IT関連)

 なるほど、目標があるとゲーム感覚でちょっと楽しめそうですね。

「はい。そしてタイプではなくても1度は食事に行きます。2人で会ってみないと分からないコトってたくさんあると思うんですよね。その人とはなくても、その人のまわりに良い人がいたりとか……」

 確かに……! おとなしい男性が多い今、“出会いを勝ち取る”女性は素晴らしいですね。

◆名前を覚えてもらう

「名前を覚えてもらう努力をします!

 例えば私の名前は“陽子”というありきたりな名前なんだけど、自己紹介では“太陽の陽に子で陽子です!”といって少しでも印象に残るようにしています」(30歳/派遣社員)

 大勢であればあるほど名前は覚えにくくなるモノ。分かりやすいアダ名があれば良いですが、ない場合でも漢字で分かりやすく説明すると確かに印象に残りそうです。

「できれば可愛い感じにしたいところですが、ギャグ路線でも覚えてもらえるのでオススメです。コレ始めてから誘われる回数が絶対増えた気がする!」

 名前を覚えていると、LINEとかでも検索しやすいし、誘われ率アップに効きそうです!

◆誘うスキをみせる

「暇をアピールします! 本当はそんなに暇でもないんだけど(笑)

“○○ちゃん忙しそうだよね”と言われたりするコトも多いから、それが原因で誘われないんだとしたらもったいないと思って(笑)」(34歳/経営者)

 出会いの場での鉄板の質問「土日(休日の場合)は何してる?」に対して、「土日は習い事です」とか「土日はゴルフか旅行です」と、土日の予定が埋まっている感じだと、男性は誘いにくくなるようでして。

「食べ歩き・飲み歩き・買い物・映画等々、男性も食い込める(一緒にするコトができる)返答をしてあげると良いですよ。スキを見せるってコトですかね。」

 素晴らしいスキ見せテクですね。

 次回参加する出会いの場では、名前を覚えてもらうアピールを実施していただき、共通点を見つけるコトで会話を楽しんで、気に入った相手には是非“すき見せテク”を使ってみてください♪

 そうすればきっとベスト3のどれかはアナタにコロッと落ちちゃうかも!?

<TEXT/ミフル>