PASとDNP、屋外ビジョンとスマートデバイスを連動させるキャンペーンを実施

写真拡大 (全3枚)

 パス・コミュニケーションズは自社運営の「原宿表参道ビジョン」に、大日本印刷が提供する屋外ビジョンとスマートデバイスを連動させるシステム「SCREEMO」を導入。スポーツ動画配信サービスDAZNのプロモーションを支援した。

 パス・コミュニケーションズは自社運営の「原宿表参道ビジョン」に、大日本印刷が提供する、屋外ビジョンとスマートデバイスを連動させる「インタラクティブ映像体験」システム「SCREEMO」を導入。2月25日から26日にかけて、Perform Investment Japanが提供するスポーツ動画配信サービスDAZNのJリーグ開幕プロモーションを支援した。

 SCREEMOは生活者のスマートデバイスとデジタルサイネージをインタラクティブに結び、販促へと直結させる参加型メディアシステム。スマートフォン等スマートデバイス上での操作がリアルタイムに屋外ビジョンと連動し、ゲームや投票に参加することができる。結果に応じたクーポン等を参加者にプレゼントすることも可能。

 これまで類似のサービスではアプリケーションのダウンロードが必要だったが、SCREEMOは「QRコードを読み込む」または「指定のURLにアクセスする」だけで利用できるため、開発コストを抑えられるうえに、参加者がアプリケーションをダウンロードする手間も省くことができる。

 今回のDAZNのプロモーションでは、参加者にイベント会場設置のタブレットからサッカーゲームへとエントリーさせた。参加者がタブレットを操作して屋外ビジョン内のゴール目がけてシュートを打つと、屋外ビジョン上では結果に応じたCMを放映し、タブレットではゲーム結果を表示する仕組み。ゴールを決めた参加者にはノベルティを配布した。

参加プレイヤーが司会者の掛け声に合わせて屋外ビジョンに向かってタブレットを操作

MarkeZine編集部[著]