曹源池庭園を眺められる大方丈の縁側に座って桜をめでよう/天龍寺

写真拡大

東山に並ぶ観光地、京都・嵐山では、大自然を借景にした天龍寺の庭園や、日本最古の人工林泉のある大覚寺など桜名所が豊富。そこで、立ち寄りグルメも充実する嵐山エリアでこの春満喫したい、桜鑑賞おすすめ最強コースをご紹介!

【写真を見る】堂「雲龍図」特別公開加山又造画伯筆。天井に描かれている、縦10.6m、横12.6mの巨大な「雲龍図」は、躍動感たっぷり/天龍寺

■ <10時>天龍寺

世界文化遺産に登録されている名寺「天龍寺」では、嵐山を借景にヤマザクラなどが眺められる曹源池庭園が見事。そのほか、京都の町並みが見渡せる望京の丘や多宝殿など、お花見ポイントがたくさんあるので散策しながらめでよう。春の特別参拝もお忘れなく

曹源池庭園を眺められる大方丈の縁側に座って桜をめでよう。多宝殿の奥にある望京の丘からは、京都市内と桜のコラボレーションが楽しめる。

【法堂「雲龍図」特別公開加山又造画伯筆】天井に描かれている、縦10.6m、横12.6mの巨大な「雲龍図」は、躍動感たっぷり。<期間:3月4日〜5月21日 場所:法堂 時間:9:00〜17:00、3月20日までは9:00〜16:00>

【特別展示 曾我蕭白筆「雲龍図」綴プロジェクト作品】雲龍図が全8面の高精細複製品としてふすま絵に。精巧なプリント技術は必見。<期間:3月18日〜5月21日 場所:大方丈 時間:8:30〜17:30、3月20日までは8:30〜17:00>

■桜DATA/見ごろ:3月下旬〜4月中旬、本数:約200本、シダレザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラ、ヤマザクラなど。

【天龍寺】住所:京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町68 電話:075-881-1235 時間:8:30〜17:30 ※3月20日までは8:30〜17:00 休み:なし 料金:参拝料500円(諸堂参拝は+300円)

<次の嵐山 昇龍苑へは徒歩1分>

■ <11時30分>嵐山 昇龍苑

「嵐山 昇龍苑」には、「老舗はたのし」をテーマに、京都で有名なブランドやショップが集結。1階には京漬物や洋菓子など、京都の味覚が味わえる店が並び、2階には伝統工芸店と制作体験コーナーがある。散策途中の軽食や、帰りにおみやげを買いに立ち寄って。

「京都北山 マールブランシュ」の「茶茶棒」(360円)。宇治抹茶の香りがフワッと広がる。

「半兵衛麸」の「笹巻麸」(1個216円)。もっちりとしたなま麸に上品な甘さのこしあんを包んでいる。

2階建ての和風の建物。1階には100席のフードコートがあるので、テイクアウトグルメをその場で味わえる。

■嵐山 昇龍苑<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺門前 電話:075-873-8180 時間:10:00〜17:00 休み:なし>

<次のル・ブション Tへは徒歩8分>

■ <12時20分>ル・ブション T

「ル・ブション T」は、東京の人気ベーカリー「キート」のパンとフレンチが味わえるビストロ。ランチはパン食べ放題。テイクアウトの「ランチボックス」(540円)もある。ボリューム満点のランチセットを食べよう!

米国産牛肉ロースのグリルフォンドボーソース(1944円)は食べごたえ抜群。パン食べ放題(一部除く)や、コーヒーもセットで楽しめる。

フランスのリヨン地方を意識した店内。

■ル・ブション T<住所:京都市右京区嵯峨天龍寺瀬戸川町17 電話:075-871-5323 時間:10:30〜17:30(材料がなくなり次第閉店) 休み:火曜、第4月曜 席数:17席 交通:JR嵯峨嵐山駅、嵐電嵐山駅より徒歩8分>

<次の清凉寺へは徒歩7分>

■ <13時30分>清凉寺

「釈迦堂さん」の愛称で親しまれている古刹「清凉寺」では、境内に茶屋で、あぶり餅を味わいながら桜を見ることができる。仁王門をくぐった左手には満開の桜があり、本堂と一緒に眺められるのも魅力だ。4月1日(土)〜5月31日(水)には霊宝館の特別公開も。

国宝の釈迦像が祀られている本堂と桜。ソメイヨシノとの共演が見事な多宝塔も。

「嵯峨嵐山総本家 大文字屋」のあぶり餅(630円)は、あっさりとした素朴な甘さが魅力的。

■桜DATA/見ごろ:4月上旬、本数:約20本、シダレザクラ、ソメイヨシノなど。

【清凉寺】住所:京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46 電話:075-861-0343 時間:9:00〜16:00 ※4・5、10・11月は9:00〜17:00 休み:なし 料金:境内無料(本堂拝観400円、霊宝館400円、共通拝観は700円)

<次の旧嵯峨御所 大本山大覚寺へは徒歩11分>

■ <14時30分>旧嵯峨御所 大本山大覚寺

「旧嵯峨御所 大本山大覚寺」は、平安時代から現存する日本最古の人工林泉として有名な大沢池を取り囲むように桜が咲き誇る。風の穏やかな日であれば、池の水面に映し出される“逆さ桜”を見ることができる。また、池の周囲は約1kmあるので、お花見散策にもぴったり。

大沢池東側から見ると、五大堂と桜の共演が楽しめるのでおすすめ。

「花守り」(500円)。4月は桜で、そのほかいろいろな花の種類も。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬〜4月上旬、本数:約500本、シダレザクラ、ソメイヨシノなど。

【旧嵯峨御所 大本山大覚寺】住所:京都市右京区嵯峨大沢町4 電話:075-871-0071 時間:9:00〜17:00(最終受付16:30) 休み:なし 料金:拝観料大人500円、小中高生300円

<次の中ノ島公園へは徒歩25分>

■ <16時>中ノ島公園

渡月橋や桂川など、嵐山を代表する景観が広がっているので、毎年お花見スポットとして大にぎわい。園内には約40本の桜並木があり、渡月橋近くのシダレザクラも見もの。桜シーズンには、屋台も多く、お祭り気分で花見が楽しめる。

園内で最も大きいシダレザクラ。円山公園のシダレザクラの兄弟桜としても知られている。

■桜DATA/見ごろ:3月下旬〜4月上旬、本数:渡月橋周辺一帯約1500本、シダレザクラ、ソメイヨシノなど。

【中ノ島公園】住所:京都市右京区嵯峨中ノ島町 電話:075-861-0012(嵐山保勝会) 時間:入園自由 休み:なし 料金:入園無料

■ もっと自然を感じたい人にはココもおすすめ!

「嵯峨野トロッコ列車」は、嵐山から亀岡までの保津川渓谷を走る観光列車。約25分間の列車の旅では、約2000本の桜のトンネルを眺められ、なかでも亀岡駅近くが見もの。

4月上旬に、ソメイヨシノやヤマザクラなどが満開に。記念撮影もお忘れなく。列車に揺られながら桜のトンネルに酔いしれよう。

■嵯峨野トロッコ列車<電話:075-861-7444(テレホンサービス) 時間:9:01〜16:01の60分ごとに運行 休み:水曜(祝日、3月1日、3月16日〜4月18日は毎日運行) 料金:片道大人620円、小人310円>【関西ウォーカー編集部】