田舎で二人だけで挙式! - アマンダ・セイフライド&トーマス・サドスキー
 - Walter McBride / WireImage / Getty Images

写真拡大

 映画『マンマ・ミーア!』などの女優アマンダ・セイフライドとテレビドラマ「ニュースルーム」でドン・キーファーを演じたトーマス・サドスキーが、3月12日(現地時間)に結婚したという。

 二人は2015年に舞台「ザ・ウェイ・ウィー・ゲット・バイ(原題) / The Way We Get By」の共演で知り合い、映画『ザ・ラスト・ワード(原題) / The Last Word』の撮影で再会し、交際をスタート。2016年9月に婚約を発表していた。

 3月16日(現地時間)に深夜番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演したトーマスは結婚指輪を見せ、「駆け落ちした」と発表。「司式者を連れて田舎に行き、二人だけで式を挙げたんだ。最高の日だった。完璧だったよ」とコメント。誓いの言葉を交わした後は愛犬を連れて散歩をし、夕食を食べて家に帰り、普段通りの生活に戻ったそうだ。

 アマンダは E! News のインタビューで派手な結婚式はしたくないと以前にコメント。「映画で何度も結婚しているのよ。白のドレスはいらないわ! 何度も着てるんだもの。わかるでしょう?」と語り、結婚は式の内容よりもお互いに対する誓約の方が重要だと言っていた。

 アマンダとトーマスには第1子が誕生予定だが、トーマスは心の準備がまったくできていないとのこと。「これまでの人生の中で一番興奮しているけど、同時にこれまでで一番の恐怖も感じている」と言っている。(澤田理沙)