SHINee、トロント公演が盛況裏に終了…華やかなパフォーマンスで現地ファンを魅了

写真拡大

SHINeeが初の北米コンサート中、トロント公演を盛況のうちに終えた。

SHINeeは、先日19日の午後7時30分(現地時間)、カナダのトロントにあるSony Centerで初の北米ツアーのトロント公演「SHINee WORLD V in TORONTO」を開催した。2時間30分の間、SHINeeの感覚的な音楽の世界や、優れた歌唱力、華やかなパフォーマンスを見れる23曲のステージを披露し、現地のファンを完璧に魅了した。

特にSHINeeはこの日、公演でデビュー曲「Replay」をはじめ、グローバルミュージックファンの多大な愛を受けたヒット曲「Ring Ding Dong」「Lucifer」「Dream Girl」「View」「Everybody」などをパワフルなパフォーマンスで披露し、現地のファンの合唱を誘った。ファンの声援に応えるSHINeeのホットなステージマナーも見え、公演会場の雰囲気を熱くした。

また5thフルアルバムの曲「1 of 1」や、完成度の高い収録曲「Prism」「Feel Good」「Don't Let Me Go」など、5人のメンバーの魅力的なボーカルと、広い音楽のスペクトラムを感じることができる多様なステージも繰り広げられ、K-POPリーダーの一面をもう一度立証した。

また観客は、SHINeeの初トロント公演の開催を記念し、特別なイベントを披露した。「1 of 1」のステージが飾られる間“君への光を忘れないように”というハングルが刻まれたプラカードイベントを行い、SHINeeのメンバーを感動させた。

この日、公演の最後を飾った曲は「An Encore」で、SHINeeは感性的なメロディーとメンバーの訴えるような力強い濃い音色が際立つステージを披露し、ファンの熱い歓声と拍手を浴びながら、公演会場をいっぱいに埋めた観客と記念撮影を行ったり、コンサートの準備過程を収めたメーキングフィルムも公開するなど、親しげにファンに近づき視線を集めた。

SHINeeは21日(現地時間)、バンクーバーで「SHINee WORLD V in VANCOUVER」を引き続き開催する。