ちぃぽぽは黄色いワンピースで登場

写真拡大

 猿王キングコングの起源を「GODZILLA ゴジラ」の製作陣が描くアドベンチャー大作「キングコング 髑髏島の巨神」の特別試写会が3月20日、都内で行われ、お笑いコンビ「野性爆弾」のくっきーとロッシー、ファッションモデルのちぃぽぽこと吉木千沙都がトークイベントに出席した。

 舞台は、大西洋に浮かぶ未開の島・髑髏島(どくろとう)。島の調査ためやってきた遠征隊が、コングや恐るべき巨大生物たちと遭遇し、命の危機にひんする。トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマン、ジョン・C・ライリーら実力派俳優が結集した。

 3月18日に20歳の誕生日を迎えたばかりのちぃぽぽは、黄色のワンピースで登場。「とにかく迫力がすごかったです。人間同士、そしてキングコングとの掛け合いに深いものがあるので、そこにご注目ください。実はスクリーンで3D(映画)を見たのは初めてだったのですが、『うわっ』て小さい声で言っちゃいました」と興奮気味に語り「あと、いろんな怪獣が出てくるので、そこも見どころです。中盤くらいにすごくスタイルのいい怪獣が出てくるんですよね(笑)」と述べた。お気に入りの怪獣は、「私はやっぱりいろんな意味でキングコングが好きです。女子としても、キングコングって本当に素敵、悪者なのかどうかはまだ言えないんですよね」と島の王コングの勇姿にひかれた様子を見せた。

 日本兵の衣装をまとい、ゴリラのぬいぐるみを背負った姿で観客の笑いを誘ったくっきーは「映画はすごかったですよ。もう疾走感がすごい。もう2時間あっという間の面白さなんですよ。にんにく卵黄みたいにぎゅっと凝縮されてます。キングコング卵黄を楽しんでください。最高の娯楽です!」と独特の表現でアピール。劇中にはさまざまな巨大生物が登場するが「しょっぱなのほうにコングと戦うタコみたいなヤツが出てくるんです。あんまり言えないんですが、コングがそいつを食べるんですよ! 踊り食いみたいに。すごいリアルなぬめりやったよね。ワーナーさんはぬめり出すの上手なんですね」と映像表現に感心していた。くっきーがキングコングの絵描き歌を披露するひとコマも見られたが、「お年寄りを踏みつけるキングコングの足」「キングコングのフンが耳に当たった人」というイラストに、ちぃぽぽは「残念ですね」と辛口な評価を与えていた。

 「キングコング 髑髏島の巨神」は、3月25日から全国公開。