写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サンワサプライは21日、はんだ付けなしでGroveシステムのセンサーを接続できるセンサーキットセット2種(「Raspberry Pi用センサーキット GrovePi+ 800-RPSET1」、「Arduino用センサーキット Grove 800-RPSET2」)を発売した。同社運営のWebショップ「サンワダイレクト」限定販売で、価格は、800-RPSET1が1万8,333円(税抜)、800-RPSET2が9,074円(税抜)。

同製品は、Raspberry PiやArduinoに組み合わせて、IoTデバイスを制作できるセンサーキット。Raspberry Pi用の「GrovePi+ 800-RPSET1」は、GrovePi+ボードとケーブル、同社が厳選したGroveセンサーを同梱。GrovePi+をRaspberry Pi上にスタッキングし、センサーをボードに接続することで、ハードウェアの再生とプロトタイピングを開始できる。

一方、Arduino用の「Grove 800-RPSET2」には、ベースシールド、ケーブル、センサーを同梱する。必要なモジュールをベースシールドに接続するだけで、アイデアのテストを行える。なお、いずれのキットも、はんだ付け不要で使用可能となっている。