SUPER JUNIOR-M ヘンリー、自作曲「Girlfriend」が音楽配信チャート1位を獲得…“皆さんと一緒に作った曲”

写真拡大

SUPER JUNIOR-Mのヘンリーが新曲「Girlfriend」で1位を獲得した感想を明かした。

ヘンリーは18日0時、主要音楽配信サイトを通じて自作曲「Girlfriend」を発売した。「Girlfriend」は発売以来、着実に成績を伸ばし、リアルタイムチャート1位を獲得するなど好反応を得ている。

これに関連してヘンリーは20日、自身のInstagram(写真共有SNS) に「まず本当に本当に感動です。今回の曲『Girlfriend』はみんなで一緒に作ったものと思っています。この曲はもともときちんと作る気は全然なかったんですが、みんなが僕を応援し続け『必ず発売してください』と言ってくださったので、ここまで来られました」と明かした。

また、彼は「皆さんのおかげで、少し自信が出てきました。皆さん、1位ご苦労様でした! 僕たち皆でやった! 次の曲は春の雰囲気でどうでしょう?」というコメントを付け加え、追加の新曲発売についてもコメントした。

ヘンリーは音楽配信チャートはもちろん、さまざまなバラエティ番組でも活躍を見せ、話題の中心にいる。また、“音楽天才”というニックネームにふさわしく、バラエティ番組でも音楽に対する才能をアピールし、大きな反響を呼んでいる。

SUPER JUNIOR-M ヘンリー、自作曲「Girlfriend」を発表…「私は一人で暮らす」で今作エピソード披露