北部を中心に不安定な天気に  肌寒さ戻る/台湾

写真拡大

(台北 21日 中央社)前線の通過と北東からの季節風が強まった影響で21日の台湾は北部を中心に肌寒さが戻った。中央気象局では今後一週間は変わりやすい天気が続くとして注意を呼びかけている。

北部では山間部を中心に雨の降る恐れがある。前線の通過後は東部でも雨になるところがありそうだが、大部分の地域では曇りまたは晴れとなりそう。

日中の予想最高気温は北部と北東部で前日より5度前後下がる17〜18度。中南部では28〜30度と過ごしやすく感じられそう。夜には気温が下がり、今夜から明朝にかけての予想最低気温は北部で15〜16度。その他の地域では19〜21度。

(編集:齊藤啓介)