Dallara IR3 Honda(2004年) INDY JAPAN 優勝車両

写真拡大

今年開業20周年を迎える「ツインリンクもてぎ」(栃木県)は、3月18日〜12月31日(日)まで、1997年から2016年まで、ツインリンクもてぎの歴史を振り返る特別展示を開催する。

【写真を見る】2005年のMotoGP日本グランプリで2位を獲得した ダニ・ペドロサが駆るRS250RW

この展示では、開業当初からの歴史をまとめたパネルと、ツインリンクもてぎで開催されたMotoGP世界選手権、インディカーシリーズ、トライアル世界選手権で活躍した5台と、開業当初に導入された入門クラスのフォーミュラーマシン1台の計6台のHonda車両を展示。

展示場所は園内「ホンダコレクションホール1階」で、時間は9時30分〜17時まで(日によって異なる)。料金は無料だが、入園には別途入場料や駐車料金が必要とのこと。

4月1日(土)・2日(日)には、スーパー耐久の開幕戦、8月19日(土)・20日(日)にはスーパーフォーミュラ、11月11日(土)・11月12日(日)にはSUPER GT最終戦が行われるツインリンクもてぎ。3月1日には新アトラクション「迷宮森殿 ITADAKI」もオープンしたので、同所を訪れた際は、ぜひチェックして欲してみてはいかが【ウォーカープラス編集部】