【ビルボード HOT BUZZ SONG】三代目「HAPPY」が星野源「恋」に勝利、18週ぶりに首位交代

写真拡大

 Billboard JAPAN HOT 100を構成するデータのうちダウンロード、Twitter、週間動画再生数のみを集計し、話題の曲を読み解く“ホット・バズ・ソング”。

 2016年11月21日付チャートより、17週連続で首位を守り続けてきた星野源「恋」が遂に2位となり、今週は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE「HAPPY」が首位を獲得した。三代目「HAPPY」は、ダウンロード1位、Twitter3位、動画再生数9位といずれも高ポイント。星野源「恋」は今週も動画再生数では437万回と最も多く、ダウンロード4位、Twitter9位といまだ高順位を獲得していたものの、三代目に首位の座を明け渡すという結果となった。

 続く3位はレミオロメン「3月9日」が獲得。同作は、ツイート数が5万4,000回と最も多く、ダウンロード数と動画再生数も前週と比べて大きく上昇。毎年、この時期になると注目されている曲ではあるが、今年は藤巻亮太のセルフカバーが配信されたこともあり、より注目度が高まったようだ。4位はWANIMA「やってみよう」が急上昇。こちらはダウンロードが初登場2位というのがヒットの要因。1月からCMソングで定着してからの配信開始によって、好スタートを切っている。

◎Billboard JAPAN HOT BUZZ SONG(2017年3月20日付)
1位「HAPPY」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2位「恋」星野源
3位「3月9日」レミオロメン
4位「やってみよう」WANIMA
5位「ダーティ・ワーク」オースティン・マホーン
6位「TOKYO GIRL」Perfume
7位「おとなの掟」Doughnuts Hole
8位「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」ピコ太郎
9位「インフルエンサー」乃木坂46
10位「この闇を照らす光のむこうに」Anly+スキマスイッチ=