OLED 65W7P

写真拡大

 LGエレクトロニクス・ジャパンは、有機ELテレビ「LG OLED TV」と4K液晶テレビの2017年モデルを4月上旬に発売する。価格はすべてオープン。

 「LG OLED TV」は曲面型の有機ELテレビで、2017年モデルとして、デザインの異なる3シリーズをラインアップ。一般的なHDR規格「HDR10」に加え、より高品位な「ドルビービジョン」に対応。エンコードした明暗情報や色彩情報といったメタデータを活用する「Active HDR」によって、映像本来の明るさや色を楽しめる。放送用のHDR規格「HLG」にも対応予定。また、輝度も向上し、黒の表現力はそのままに、さらにコントラストの美しい映像を実現した。

 「OLED W7Pシリーズ」は、非常にスリムで壁の一部が四角く縁取られて画面になったかのようなPicture on Walデザイン。「OLED E7Pシリーズ」は、ガラス製のバックカバーの上に、壁紙のような極薄パネルを一体化したPicture on Glassデザイン。ともに65V型のみで、税別の実勢価格は、W7Pシリーズの「OLED 65W7P」が100万円前後、E7Pシリーズの「OLED 65E7P」は80万円前後の見込み。

 「OLED C7Pシリーズ」は、横から見ると1枚のブレードのようで、背面やスタンドのデザインにもこだわった「Blade Slim」デザイン。税別の実勢価格は、65V型の「OLED 65C7P」、55V型の「OLED 55C7P」ともに70万円前後の見込み。

 4K液晶テレビは、独自の「IPS 4K」液晶パネルを搭載。また、4シリーズのうち、「SJ8500/SJ8000/UJ7500シリーズ」は、カラーフィルターの上に1nmの極小微粒子を精密に敷きつめることで、きわめて正確な色再現を可能にする「Tru Nano Display」、「ドルビービジョン」が本来備える明暗情報や色彩情報を余すことなく引き出す「Active HDR」、手前の人物と背景を分離してそれぞれコントラストを調整する機能を搭載する。

 税別の実勢価格は、きめ細やかな色彩の映像を楽しめ、harman/kardonと共同開発した高音質サウンド技術を搭載したハイエンドモデルの「SJ8500シリーズ」の65V型の「65SJ8500」が35万円前後、60V型の「60SJ8500」が32万円前後、55V型の「55SJ8500」が26万円前後、「SJ8000シリーズ」の55V型の「55SJ8000」が23万円前後、49V型の「49SJ8000」が21万円前後の見込み。

 「UJ7500シリーズ」は43V型の「43UJ7500」のみで、税別の実勢価格は17万円前後の見込み。スタンダード4Kの「UJ6500シリーズ」は、60V型の「60UJ6500」が26万円前後、55V型の「55UJ6500」が21万円前後、49V型の「49UJ6500」が17万円前後、43V型の「43UJ6500」が15万円前後の見込み。