ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」右肩上がりの視聴率に感謝…褒賞休暇も検討中

写真拡大

「力の強い女ト・ボンスン」が褒賞休暇を検討中だ。

JTBC金土ドラマ「力の強い女ト・ボンスン」の関係者は、昨日(20日) 10asiaに「回を重ねるごとに視聴率が上がるなど、視聴者の愛に感謝している。褒賞休暇を検討中だが、まだドラマがたくさん残っているので、まずは撮影に集中する計画だ」と明らかにした。

「力の強い女ト・ボンスン」は、先日18日に放送された第8回で、視聴率9.603%(ニールセン・コリア提供) を記録し、JTBC歴代ドラマ最高の視聴率を出した「限りない愛」の9.230%の記録を更新した。毎回、番組最高の視聴率を記録中の「力の強い女ト・ボンスン」が10%の壁も破れるのか、関心が高まっている。

「力の強い女ト・ボンスン」は、合計16回の放送で韓国では4月15日に放送終了予定だ。