「森友学園問題」の徹底追及を命じた蝶野

写真拡大

 大スポ&九スポ客員編集長・蝶野正洋(53)は18日発行の本紙で「プロレスラー休業」を宣言した。しかし、編集長としては休業どころか向かうところ敵なしだ。今回、約束の時間に1時間も遅刻してきたのに「おい、何ぼんやりしてんだ。とっとと始めるぞオラ」。輪をかけて傍若無人となった黒い編集長は「森友学園」理事長・籠池泰典氏(64)の問題の徹底追及を大スポに厳命した。

【森友問題】久しぶりに大阪発の全国トップニュースだな。国有地を8億円もまけてもらったり、幼稚園児たちに教育勅語を唱和させたり、運動会の宣誓では「安倍首相がんばれ」って言わせたり、いろいろ異様なことをやってることが明らかになったモリモト学園だよ。あのモリモトってオジサンは、まさにタチの悪い関西人って感じだな。言ってることもやってることも、全部いい加減に思えるからな。23日に国会で証人喚問されるけど、いい加減なこと言ったら偽証罪だぞ。どうすんのかな。

 ん? モリモトじゃなくて森友学園? オジサンもモリモトじゃなくて籠池? ガーーデムッ! そんなこたぁ、分かってんだよ! 俺は東京MXってテレビ局で「バラいろダンディ」っていう夜のワイドショーのメーンMCを月〜木でやってるんだぞ。MCやるぐらいだから何でも知ってんだよ。ちょっといい間違えただけだ、バカ。

 で、そのモリモト…じゃなくて森友か、森友問題。ここは大スポの出番だろ。せっかくの地元関西ネタなんだから、火ダネを消さないようにガッツリ張り付いて取材しなきゃな。最初は東京五輪や豊洲市場の問題より話の規模が小さいし、北朝鮮がミサイルばかすか飛ばしてるときに国会なんかで議論してる場合じゃないだろって思ってたけど、例のオジサンはウソかホントか知らないが言いたい放題。それでついに証人喚問だろ。面白くなりそうなんだから、大スポがもっと面白くしなきゃダメだろが。

 ただでさえ最近は大スポらしい記事が少なくなってきてんだ。ここでガツンとやっとかないと、大スポ買ってもらえなくなるぞ。たとえば「モリモトの正体は宇宙人! ツチノコ説も」とか「モリモト府知事選出馬へ」って感じ。とにかく大スポの存在価値を示すためにも、毎日モリモトの仰天記事を書け。いいか、分かったな。これは編集長命令だ。

 あとな、政治家に口利きを頼むなんて昔から横行してて、今に始まったわけじゃない。それを小池(百合子)東京都知事みたいに何でもかんでもきれいにしようとしたら行き詰まる。だからここは関西らしい、笑っちゃうような決着を大スポがつけるしかないんじゃないか。小学校開設申請を取り下げたモリモトの跡を継ぐヤツをM-1みたいに漫才で決めるとか。大スポならそれぐらいやんなきゃ、みんな納得しないぞ。

 何? モリモトじゃなくて森友? ガッデム! 分かってるって言ってんだろ、うるせーな。んなもん、この際どっちでもいいじゃねぇかよ。

【WBC国籍問題】野球のWBC、侍ジャパンは6戦全勝で準決勝進出か。大会前はいろいろ言われてたけど、やっぱ強いな、日本は。それとバレンティンとか日本の球団に在籍してる選手たち、これもまたすごい選手なんだなと改めて思ったよ。日本、ぜひ優勝してもらいたいな。

 でもアレだな、オランダとかイスラエルとかの選手って、ほとんどがアメリカ人なんだってな。おじいちゃんがイスラエル系とかの。そりゃそうだよ。ヨーロッパで野球やってるって話、聞いたことないもん。ただ、俺はそれについてガタガタ言うつもりはない。プロレスなんか偽ドイツ人とか偽ロシア人とかがいっぱいいる世界だからな。

 東スポのプロレス担当記者に聞いたことがあるんだけど、昔、ニコリ・ボルコフやイワン・コロフが巡業で北海道の根室の丘に行ったんだと。そこでハーリー・レイスが「お前ら向こうの島に帰れ。ロシア人なんだろ」と。当時はソ連だったのかな、まぁロシアが占拠している北方領土のことだな。そしたら「俺たちはおまえと同じアメリカ人だよ、兄弟ィ〜」って。笑っちゃうよな。

 その一方で、こんな話もある。これまた聞いた話だが、インド生まれのインド人、タイガー・ジット・シンがプロレス雑誌の取材でインド料理店に連れて行かれたんだけど「こんな辛い料理、食べられない」って怒って帰っちゃったって。辛くて失神したって説もあったらしいぞ。本当に体調が悪くなったみたいで、新日本プロレスがその雑誌に「慣れないもの食わせるな」って抗議したんだと。インド人にインド料理が慣れないものってなぁ(笑い)。

 だいぶ横道にそれちゃったな。話をWBCに戻そう。まぁ“なんちゃって代表”でも、せめてその国の言葉をしゃべれるぐらいにならないといかんだろ。高校野球で、おらが代表校がレギュラー全員大阪出身で、関西弁しかしゃべらんようなヤツだったら、応援する気もなくなる。それと同じだよ。オランダ語とかヘブライ語とかを“なんちゃって代表”も少しでもしゃべれば、ちっとはオランダとかイスラエルの人たちもWBCに親しみがわくんじゃないか。

 今日はここまで。ガーデムッ! アイアム・チョーノ!