iKON、初の横浜アリーナ公演で日本ツアー「iKON JAPAN TOUR 2016〜2017」終幕!

写真拡大 (全2枚)

2016年末の「第58回 輝く!日本レコード大賞」にて最優秀新人賞を受賞した、BIGBANGの系譜を継ぐ7人組ボーイズグループ、iKON。

iKONは、YG ENTERTAINMENTが企画したサバイバルTV番組「WIN:Who Is Next」(2013年放送)、「MIX & MATCH」(2014年放送) より輩出された、7人組ボーイズグループ。

1月13日(水) に発売された日本デビューアルバム「WELCOME BACK」はオリコンデイリーCDアルバムランキングで初登場1位を獲得。そして9月28日(水) リリースの日本オリジナルシングル「DUMB & DUMBER」は、オリコンウィークリーCDシングルランキング1位をはじめ、ビルボード・ジャパン・HOT100で1位、ビルボード・ジャパン・トップ・シングル・セールス・チャート1位の3冠を達成した。2016年は日本アリーナツアーとして、「iKONCERT 2016 SHOWTIME TOUR IN JAPAN」を実施し、福岡・東京・神戸・千葉・大阪の全国5都市14公演で14万6,000人を動員。

同年行われた「iKON JAPAN TOUR 2016」は全6都市16公演で17万6,000人を動員し、2016年デビューの新人アーティストとしては最多となる年間32万2,000人を動員。さらに海外アーティストのデビュー(本国) から史上最速となる1年9ヶ月での日本ドームツアー「iKON JAPAN DOME TOUR 2017」を発表し、5月20日(土) 大阪・京セラドーム大阪、6月17日(土) 埼玉・メットライフドームの2都市2公演で9万人を動員する予定。

そのiKONが本日3月20日(月・祝)、ツアーファイナル横浜アリーナ公演にて「iKON JAPAN TOUR 2016〜2017」を締めくくった。大阪城ホール・福岡マリンメッセ・横浜アリーナと続いたこの「iKON JAPAN TOUR 2016〜2017」は、全3都市9公演で12万人を動員。2016年のデビューから約1年で44万2,000人動員と驚異の人気を示した。

開演時間も迫ってきた会場では、13,000人のファンが今か今かとライブスタートを待っていた。場内が暗転し、オープニングを告げるピアノ曲がかかると会場には一時静寂が訪れるが、メンバーの登場と共に大きな歓声がわき起り、オープニングが終わる頃B.Iの「横浜叫べ!」の声を合図に、レコード大賞最優秀新人賞を受賞したシングル曲「DUMB & DUMBER」でライブがスタート。立て続けに「SINOSIJAK REMIX」「WHAT'S WRONG?」と会場を沸かせた。

MCでは「去年は2回のアリーナツアーを行い、年末にはみなさんのおかげでレコード大賞最優秀新人賞を獲れました! 本当にありがとうございます!」とファンに最優秀新人賞獲得の感謝を伝え、さらにリーダーのB.Iから「遂に5月京セラドーム、6月メットライフドームでiKONのドームツアーが決まりました! フレッシュなステージを用意します! 楽しみにしてください!」「遂にドーム! みなさんのおかげです!」とドームツアーへの意気込みも語った。

ライブ終盤は日本オリジナル曲「LOVE ME」「RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)」と続き、ファンへの感謝を語ったMCを挟み、彼らのデビュー前の決意を歌った「CLIMAX」、「M.U.P」で本編は終了した。アンコールでは終了後もさらに「みなさんがアンアンコールしてくれればいつでも戻って来ます!」の言葉通り「RHYTHM TA REMIX (Rock Ver.)」をダブルアンコールで披露。ファンの近くまでメンバーそれぞれが行き、ライブを楽しみ、感謝を直接会場のファンに伝えながら、ツアーファイナルは終了となった。

この日は2公演行われ、13時からの第1部ではCSテレ朝チャンネル1で初となる生放送が行われた。17時からの第2部では、全国各地の映画館で初のライブビューイングも行われ、当日ライブに来ることができなかった各地のファンも楽しんだ。

現在ドームツアーの開催を記念して、東京はラフォーレ原宿で期間限定の「iKON POP UP SHOP」が3月30日まで開催されており、iKONメンバーの等身大パネルと、色々な質問にメンバーが答えた「裏歴書」など、普段では見ることができないメンバーの一面を楽しめる。その他、iKONのロゴを使用した顔ハメパネルフォトブースなども展示中。