体調不良に陥ると決まって思うのは、毎日健康に過ごせることがどんなにありがたいか、ではないでしょうか。常に身体を元気に動かしていくためには、体内で効率良くエネルギーを作り出していくことが大切です。エネルギー不足は疲労を起こし、気力まで落としてしまう原因となります。

体内のエネルギー産出はコエンザイムQ10が鍵

生命を維持していくために必要なエネルギーは、体内で作られています。たとえ身体を動かさず寝ている時でも、心臓などの内臓は機能しており、エネルギーが不可欠です。エネルギーの原料となるのは、食品から摂取した糖質や脂質、タンパク質。これらが細胞内でエネルギーへと変換されますが、この時に重要な働きをするのがコエンザイムQ10です。コエンザイムQ10は特にエネルギーを必要とする内臓や骨格筋に多く存在すると言われており、コエンザイムQ10が不足すると、疲れやすくなったり体の老化が起こりやすくなります。20歳を過ぎた頃から体内のコエンザイムQ10が減少していくため、毎日元気でエネルギッシュに過ごすには、コエンザイムQ10を日常的に補っていくことが必要となります。

食品からの摂取が難しいコエンザイムQ10

肉や魚、野菜などに含まれているコエンザイムQ10ですが、含有量が少ないため、食品だけで十分なコエンザイムQ10を摂取するのは難しいとされています。だから食品とともに、サプリメントを利用することが、効率良く補っていける方法です。明治薬品から登場する「健康きらり還元型コエンザイムQ10」は還元型コエンザイムQ10が簡単に摂取できる機能性表示食品。

「還元型コエンザイムQ10」は細胞内でのエネルギー産生を助け、日常生活で起こりやすい身体的疲労感を軽減する働きがあります。ところで「還元型」とは何なのでしょうか。実はコエンザイムQ10のサプリメントには「酸化型」のものも存在します。しかし体内に存在するコエンザイムQ10の多くは「還元型」であり、コエンザイムQ10の働きを得るためには酸化型を還元型に変える必要があります。そのため、明治薬品のコエンザイムQ10は最初から体にすぐ吸収される「還元型」となっています。

1日の摂取目安量はたった一粒でOK

明治薬品「還元型コエンザイムQ10」は1日目安量100mgがたった一粒で摂取でき、毎日続けやすいのが嬉しい機能性表示食品です。コエンザイムQ10はこれまでに多くのサプリメントが販売されており、またアメリカでは米国FDA(食品医薬品局)により、1日最大摂取量300mgに関して安全性データが認められていることもあり、明治薬品では安全面の問題もないとしています。毎日ハツラツと過ごすためにも「コエンザイムQ10」で効率よくエネルギーを作り出していきたいですね。


writer:Akina