2017年春頃に発売予定のPS Vita用タイトル『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』より、今作に登場する“Six Gravity”と“Procellarum”のアイドル12人から、新たに4人のゲームオリジナル私服や各メインストーリーのあらすじ、ゲーム画面の一部が公開された。

 本作はアイドルたちの楽しい日常を描いたコミュニケーションアドベンチャーゲームとなっており、書き下ろしシナリオパートではボイスをたっぷり堪能することができる。またLive 2D搭載でぬるぬる動くキャラクター同士のコミュニケーションも楽しめるのに加えて、描き下ろしスチルも満載なので、『ツキウタ。』ファンのみなさんはぜひチェックして!

 今回公開されたのは睦月 始(声優:鳥海浩輔)、弥生 春(声優:前野智昭)、文月 海(声優:羽多野 渉)、霜月 隼(声優:木村 良平)の4人だ。この4人がどんな私服で登場するのか、そしてどんな物語を展開するのか、早速ご紹介しよう。

4名のメインストーリーとイベントスチル(一部)

■睦月 始(CV:鳥海浩輔)
1月の思い出:ミッション・ポッシブル

 恋が番組の収録中に大量のサインを引き受けてしまったことで、徹夜仕事が舞い込んだグラビメンバーたち。しかし疲れ切っていたメンバーたちに空腹と睡魔が襲いかかる。それでも始はリーダーとしてみんなを盛り立て、このミッションを遂行しようと決意するのだった……。

 





■弥生 春(CV:前野智昭)
3月の思い出:シックス×2・センス

 グラビとプロセラで同時発売する写真集用の写真を選定していた春のもとに集う始と隼と海。4人は候補の写真を見ているうちに、新しいコンセプトで12人のメンバーをシャッフルして組み替えてみたらおもしろいんじゃないだろうか、という話で盛り上がり始める……。



■文月 海(CV:羽多野 渉)
7月の思い出:エース便利屋・海

 オフの日に、のんびり買い物をする予定だった海。しかし、プロセラの頼りになる兄貴・海のもとには、災難に見舞われたメンバーたちの助けを求める声が届く。元・何でも屋としては見逃せない! 海は、みんなが抱えるトラブルを次々と解決していくのだった。



■霜月 隼(CV:木村良平)
11月の思い出:ロード・オブ・ザ・スケートリンク

 送迎バスで現場に向かう予定だった隼、海、郁の3人。しかし、トラブルによりバスの手配ができなくなり、電車で移動することになった。歩いて駅まで向かう道中、海と郁は、隼の自由気ままなふるまいに振り回されることに…! はたして3人は、無事に現場までたどり着くことができるのか!?



DATA
『ツキトモ。 -TSUKIUTA. 12 memories-』

発売日:2017年春頃予定
価格:未定
ハード:PlayStation Vita
ジャンル:コミュニケーションアドベンチャー
プレイ人数:1人
CERO:未定

※画面は開発中のものです。
※「PlayStation」および「PS Vita」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または同社の商標です。

©TSUKIANI.
©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.