写真提供:マイナビニュース

写真拡大

○Youtubeから音楽コンテンツだけを抜き出し再生

仕事中の気分転換や集中力アップなどに音楽を有効活用しているが、手持ちの音楽ばかりでは飽きてきてしまったというような人にお勧めなのは、Youtubeの利用だ。プロモーションビデオなども多く公開されており、普段は聞かないような曲との出会いにもつながる。実際に購入する前の試し聞きにも便利だ。

Youtubeの多彩なコンテンツの中から音楽コンテンツだけを抜き出し、アーティスト単位やジャンル単位にまとめての検索や、連続再生などをサポートしてくれるアプリが「無料で聴き放題の音楽アプリ - Music Awards」だ。作業しているPCの横にiPad等を置いて音楽再生に利用してもよいが、iPad内でバックグラウンド再生させながら作業を行うこともできる便利ツールだ。

○さまざまな方法で曲を発見

基本の選曲画面は「ランキング」になっている。曲、アーティスト、MVという上部のタブを選択すれば、それぞれのランキングが表示される仕組みだ。サムネイルとタイトル、アーティスト名などが添えられているから内容がわかりやすい。

画面左上の地球儀マークをタップすると、日本だけでなくアメリカとイギリスのコンテンツも検索できるようになる。洋楽好きにも対応してくれるのが嬉しいところだ。また、右上にあるタイルマークをタップすると音楽のカテゴリや雰囲気、国といった切り口でのランキングも見られる。

キーワード検索をしたいならば、画面下部中央の「検索」をタップして、上部フォームにキーワードを入力すればよい。元がYoutubeなだけに、かなり幅広いラインアップが楽しめるはずだ。

○音楽関連ニュースのチェックやニュースからの検索にも対応

下部メニューの「ニュース」をタップすると、音楽メディアの提供する関連ニュースを読むことができる。ニュースに関連する作品の購入リンクがあるほか、TwitterやFacebook、Google+といったSNSでの反応や自分のコメントを投稿するボタンも用意されている。

さらに、ニュースリストで興味を持ったアーティストの部分をロングタップすると、アーティスト名の検索を行ってくれる機能がある。少し気になってもいちいち文字を入力するのは面倒なものだが、自動で検索してくれるのが便利だ。ニュースからの新しい出会いにもつながるだろう。

○動画を大きく表示してBGVにもできる

肝心の音楽再生機能は、各種検索結果等で聞きたい曲をタップすると表示される画面で「再生」を選択すれば利用できる。基本画面は上部に小さな動画と再生バーなどが表示され、下部に同じアーティストの別コンテンツや関連コンテンツなどのリストが表示されるつくりだ。音楽再生中は、下部の広告上の位置に常時小さな再生バーが表示される。ここで再生の一時停止や次の曲へのスキップなども操作可能だ。

動画再生画面の右下にある拡大ボタンを利用すれば、動画を大きく表示することができる。縦画面のまま横幅をいっぱいにする方法と、横画面で横幅いっぱい、さらに拡大して画面いっぱいに左右を切った形での表示も用意されている。休憩時間にはお気に入りのMVを再生するのもよさそうだ。

また、曲選択時に「再生」ではなく「プレイリスト」を選択すると「お気に入り」リスト化や、任意のフォルダ名をつけたプレイリストの作成ができる。通常の1曲選択時には自動で関連曲が連続再生されるが、プレイリストを作った場合はそのリスト内での連続再生やリピート再生が行われるようになる。音楽再生はホーム画面に戻っても続くから、作業のBGMにすることも可能だ。

また、再生画面の左上にある歯車マークからは設定画面が呼び出せる。「高画質」は標準でオンになっているが、もしBGM利用など画面表示を主体としない使い方ならば、これをオフにしておくのがお勧めだ。動画部分の画質が落ちる分、データ転送量の節約効果が期待できる。

「おやすみタイマー」という機能も用意されていて、指定時間は再生しておいて自動終了させることが可能だ。入眠時のお供に使いたい人は、ここから設定しよう。

利用料金:無料

制作者:YOU KIKAKU, K.K.

無料で聴き放題の音楽アプリ - Music Awards

(エースラッシュ)