金メダルを手に笑顔の小野塚彩那

写真拡大

 フリースタイルスキー・ハーフパイプ女子の小野塚彩那(28=石打丸山ク)に心強い練習拠点が誕生する。

 20日、金メダルを獲得した世界選手権から成田空港に帰国。「平昌でも一番高いところに立てるように頑張りたい」と1年後の大舞台を見据えた。

 来月1日には新潟・南魚沼市トレーニングセンターがオープン。「この競技を始めた時に、その時の市長さんに直談判に行った」という施設で、ジム、ボルダリングに加え、トリックの練習ができるトランポリン設備もある。「アドバイザーのような形でいろいろ意見を言って形になった」と深く関わっただけに、オフのトレーニングや新トリックの習得にも活用していく。