トランプ大統領の側近、マイケル・フリンは“いわくつき”の人物だったと語るモーリー氏

写真拡大

『週刊プレイボーイ』本誌で「モーリー・ロバートソンの挑発的ニッポン革命計画」を連載中の国際ジャーナリスト、モーリー・ロバートソンがトランプ大統領の側近、マイケル・フリン国家安全保障問題担当大統領補佐官の辞任劇の争点について語る。

* * *

米ドナルド・トランプ大統領の“側近中の側近”のひとり、マイケル・フリン国家安全保障問題担当大統領補佐官の辞任劇が、政権の行く末に暗い影を落としています。

事の発端は昨年12月29日。ロシア政府が米大統領選にサイバー攻撃で介入していたとして、当時のオバマ政権が報復制裁措置を発動したのですが、なんとその同じ日に、フリンは駐米ロシア大使と接触し、「トランプ政権後の制裁解除」に関する“交渉”をしていたのです

当時はまだ“民間人”だったフリンが外交政策に関与することは、明らかに連邦法違反です。さらに、その事実をすぐ認めず、ペンス副大統領ら政権内の人間にさえウソをついたことで、問題はこじれにこじれ、辞任に至ってしまいました。

そもそもフリンはいわくつきの人物でした。イラク戦争やアフガニスタン戦争に従軍した元陸軍中将として国防情報局(DIA)長官にまで上り詰めたものの、イスラム教を「悪性のがん」とまで言い切る過激な差別論者で、オバマ政権の途中でその職を追われます。その後はコンサルティング会社を設立してロシア政府と接近、露政府系放送局『ロシア・トゥデイ(RT)』でオバマ政権の外交政策を批判したり、RT主催のパーティに出席してプーチン大統領と同じテーブルについたり……

そんな人物が、どういうわけか大統領選でトランプ陣営に潜り込み、同陣営の対ロシア政策に影響力を及ぼしていた―つまり、彼の背後にはずっとクレムリンの影がちらついているのです。

辞任劇の争点は、フリンが独断でロシアと交渉したのか、あるいは誰かの指令があったのか、です。大統領本人の関与が明らかになれば、かつてリチャード・ニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウォーターゲート事件」の再来。逆に、独断だと本人およびトランプ政権が主張し続け、それを覆すだけの証明ができなければ、「イラン・コントラ事件」のように真実は闇の中です。

1986年に発覚したイラン・コントラ事件は、当時のロナルド・レーガン政権が、武器輸出を禁じていたイランに対し極秘裏に武器を売却し、その資金の一部を中米ニカラグアの反政府ゲリラの支援に流用しようとした秘密工作。かなり複雑な話なので詳細は割愛しますが、事件の中心にいた人物は、トランプ政権におけるフリンと同じく国家安全保障問題担当補佐官を務めていたジョン・ポインデクスターと、NSC(国家安全保障会議)のメンバーだったオリバー・ノース中佐のふたりです。彼らは独断でコントラ援助を実行したと主張し続けましたが、レーガン大統領、および後に大統領となるジョージ・H・W・ブッシュ副大統領の関与が今でも疑われています。

ウォーターゲート、イラン・コントラ、そして「クレムリン・ゲート」とも揶揄(やゆ)されるフリンの辞任劇。この3つに共通するのは、汚れ仕事(ダーティーワーク)を実行する人間と大統領の間に“バッファ”があること。つまり、後になって事件が発覚しても、大統領本人は「知らぬ、存ぜぬ」を突き通せるだけの絶妙な距離があるんです。

このままフリンが“フォール・ガイ(生贄[いけにえ])”となって終わるか、それとも本丸まで追及が及ぶか。いずれにせよ尾を引きそうな事件です。

●Morley Robertson(モーリー・ロバートソン)

1963年生まれ、米ニューヨーク出身。国際ジャーナリスト、ミュージシャン、ラジオDJなど多方面で活躍。フジテレビ系報道番組『ユアタイム〜あなたの時間〜』(月〜金曜深夜)にニュースコンシェルジュとしてレギュラー出演中!! ほかにレギュラーは『NEWSザップ!』(BSスカパー!)、『モーリー・ロバートソン チャンネル』(ニコ生)、『MorleyRobertson Show』(block.fm)など