本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は20日、ロシアW杯アジア最終予選・UAE戦に向け練習を行った。

 所属するミランで現在も出場機会を得られていない本田圭佑だが、「コンディションは悪くない」と自身の状態について述べ、決戦へ向けた準備の重要性を説く。

「『自分は出る』と思いながら準備しないといけない。それは全員の選手がそういう思いで準備しないと、どういうハプニングが起きるかわからない。交代3枠も含めてね、ホントに総力戦になるかなというイメージですね」

 UAEにはホームで手痛い黒星を喫している。リベンジマッチでもあるが、今回はアウェイに乗り込む形だ。本田は「勝たないといけないし、負けられない。かついろんなアウェイの難しさは出てくると思う。とにかく冷静にね、最悪のシチュエーションも想定しながら準備したい。試合中にどれだけ精神を落ち着かせて90分間勝利に向かっていけるかが非常に重要なポイントになる」と語った。

 また、チームから離脱することになった長谷部誠については「偉大なキャプテンなので本当に残念。それでも前を向かないといけない状況なんで、マコの分も含めてやろうというような思いになっている」と話した。大黒柱を欠くハリルジャパンにあって、本田はピッチ内外で重要な存在だ。背番号4は、決戦に向けて万全の準備をしていく。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部